エンタメ情報まとめ minp!

まるでライヴみたいな感動! マライア・キャリーのハイレゾ体感イベントが開催中!!

米ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のエピック・レコードと契約し、古巣ソニーと再びタッグを組んだマライア・キャリー。それを記念して「マライア・キャリー ハイレゾで体感するナンバーワン・ソング」と題したイベントが、東京・銀座のソニービルにおいて7月12日(日)まで入場無料で開催されている。

このイベントでは、デビューから25年にわたるマライアの偉大な軌跡と魅力が楽しめるプログラムを、ソニービルの3フロアに分けて展開。

まずは、8F「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」。こちらでは、新曲の「インフィニティ」をはじめ、「ドリームラヴァー」「ヒーロー」「ワン・スウィート・デイ」などのMVがハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源で堪能できる。しかも今回は、原音に迫る音質を再現できるハイレゾ音源“WAV(96kHz/24bit)・非圧縮”の特別仕様となっており、音響システムにはソニーにおけるスピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」と、マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5800ES」を使用! 照明を落とした空間の中、200インチの大型スクリーンで味わう音と映像はすばらしく、まるで目の前で鳴っているかのように、マライアのコンサートを体感している気分になれるはずだ。また、ソニー在籍時の1994年秋に書かれた「マライアから日本のファンへの直筆メッセージ」やソニーのオフィスに保管されていた秘蔵フォトも展示し、イベントオリジナル壁紙がもらえるTwitter投稿・アンケート回答も8Fで行なうことができる。

続いて、4Fの「ソニーショールーム」4Aフロアでは、このたびmoraでハイレゾ配信となったデビューアルバム『マライア』(1990年)、2ndアルバム『エモーションズ』(1991年)、3rdアルバム『ミュージック・ボックス』(1993年)の楽曲、そして新曲「インフィニティ」(2015年)を、ハイレゾ試聴することができる。こちらは8Fよりもパーソナルな空間となっているので、ソニーの最新ウォークマン、アンプ、ヘッドフォンでマライアの名曲、“ホイッスル・ヴォイス”と呼ばれる豊かな歌声をじっくりと楽しんでみてほしい。

そして、1Fのエントランスホールでは、今年5月からラスベガスで始まった大盛況の常設公演「#1 To Infinity」のツアーグッズ(パンフレット、Tシャツ)を日本初公開! さらに、90年代の貴重な写真なども観ることができる。さらに、1Fのブリティッシュ・パブ「パブ・カーディナル」の店内では、12インチシングルのジャケット写真を展示しているほか、マライアの楽曲をイメージしたオリジナルカクテル「ドリームラヴァー」「エモーションズ」を期間限定で販売中だ(こちらは有料で、販売時間は14:30~22:00)。なんと、そのオリジナルカクテルの提供時間中は楽曲をBGMとして流してくれるとのこと! マライアの魅力と世界観に包まれながら、ちょっとリッチな飲食を楽しんでみては?

なお、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋でもイベントを同時開催中で、東京と同じラインナップの楽曲が試聴できる。イベントの入場・体験は無料! 開催期間は7月12日(日)までとなっているので、気になる方はぜひ早めに足を運んで、この機会にマライア・キャリーのNo.1ソングをハイレゾで体感してみてほしい。きっと、彼女の偉大な軌跡と魅力に酔いしれられるはず。

同イベントの詳しい情報については、特設サイトまで!

■「マライア・キャリー ハイレゾで体感するナンバーワン・ソング」特設サイト
http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/MariahCarey/

「マライア・キャリー ハイレゾで体感するナンバーワン・ソング」

開催期間:6月16日(火)~7月12日(日)
開催時間:11:00~19:00 ※入場無料
開催場所:東京・銀座 ソニービル8F「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」、4F「ソニーショールーム」、1F エントランスホール(東京都中央区銀座5-3-1)

  • minp!音楽ニュース(2015年07月03日)
  • 制作協力:okmusic UP's