エンタメ情報まとめ minp!

スーザン・ボイルに続き、13歳のチャーリー・グリーンが日本デビュー

あのスーザン・ボイルをスターに導いた英国の人気オーディション番組「BRITAIN’S GOT TALENT」に出演し、10歳にしてセミファイナル進出を果たした天才少年チャーリー・グリーン。現在、中国、韓国、香港、シンガポール、インドネシア、アラビア(ドバイ)台湾などアジアを中心に展開中のデビュー・アルバム『ア・フレンド・ライク・ユー』が、9月22日(水)いよいよ日本でも発売された。

3歳より歌のキャリアをスタートさせたという彼の卓越した美しい歌声は、番組に来ていた観客の度肝を抜き、番組出演時の動画は放送直後、全世界で400万以上も再生され話題を集めた。現在、世界中からの出演オファーに応えコンサートを次々と行い、まさに今スターへの階段を登りつめようとしている。

全13曲を収録したアルバムは、ジャズ、ロック、ポップスといったジャンルの枠を超えたカヴァーが中心で、デュエット・ソングやビックバンドなど多彩なアレンジにより、エヴァーグリーンな輝きを放つ名曲の数々が、彼のピュアな音楽性を引きただせ魅力ある一枚に仕上がっている。
なお収録曲の「マイ・ファースト・ラヴ」は、フィリピンで人気の楽曲「PERS LAB-ペルス・ラブ-」をチャーリー・グリーンが初めて英語詞で表現し、プロモーションVTRにもなっている。

前述のオーディション番組をきっかけに、40歳後半でスーザンの人生は一変、彼女の歌声は世界に響くことになった。弱冠13歳であり、まったく違う人生を歩んではいるものの、チャーリーの若き才能は「本物」と呼ぶに相応しい魅力に溢れている。

  • minp!音楽ニュース(2010年09月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's