エンタメ情報まとめ minp!

大原櫻子が“ドリームメガガールズオーディション”公式応援キャラクターに就任

6月29日(月)にフジテレビマルチシアターで、“お台場夢大陸Presents ドリームメガガールズオーディション”の『公式応援キャラクター就任記者発表会』が開催され、公式応援キャラクターに就任した大原櫻子は「夢を応援できるのはうれしい。緊張もあるけど、頑張って応援したいです」と笑顔で意欲を語った。

“お台場夢大陸Presents ドリームメガガールズオーディション”は、新世代をリードするスターを発掘することを目的に、フジテレビが開催するオーディション。お台場夢大陸事務局長・齋藤秋水氏は、「お台場夢大陸は、お客さんの観たいもの、やりたいもの、試したいもの、毎日誰かの夢が叶うイベント。オーディションもその1つです」と話す。本オーディションへの応募はエンタメ業界最大級のマッチングサイト「スターバンク」から行う(7月5日締め切り)。1次、2次審査を経てファイナリストを決定、最終的に“お台場夢大陸”来場者による投票で上位3名が選出され、その中からグランプリを決める。グランプリ受賞者には、7月にスタートする月9ドラマ『恋仲』への出演、株式会社フジパシフィックミュージックとの専属契約が約束され、100万円の賞金が与えられる。

公式応援キャラクターに就任した大原は、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のオーディションで5000人の中から主役に選ばれたことをきっかけに、現在女優&歌手として活動中。そんな経緯から「私が女優になりたいと思ったきっかけは、小学2年生の時にテレビで映画『アニー』を観たこと。お芝居と歌の両方に興味を持って、やりたい!って。その頃は、無謀にもブロードウェイに行きたいとまで言っていたんですけど、要するに表現することが好きなんです」と、当時応募した動機を振り返る。

また、自身の経験から「書類を送る時から緊張していて、面接の時も、荷物をその場に忘れて行ってしまうほどでした(笑)。でも、受かるか受からないかは別にして、受けて良かったと思っています。そのくらい刺激を受けました。とにかく自分らしさを出して、楽しむことが大事。審査員の話をよく聞いて笑顔になれば、自然と楽しくなれると思います」と、オーディションの先輩として応募者にエールを贈った。

続いて、グランプリ受賞者への特典について訊ねられると、100万円に食いついて「いいな〜!」ともらす大原。グランプリ受賞者が同じ事務所に所属することについては「仲間が増えるのはうれしい。歳上の大人っぽい人だったら、可愛がってもらいます!」と笑顔をほころばせた。そんなグランプリ受賞者が出演することになるドラマ『恋仲』には、主演の福士蒼汰の妹役として大原も出演する。「小さい時から、ドラマと言えば月9というイメージ。だから、月9に出演できるのは夢のようです。演じ甲斐のある役ですし、現場は歳上の方ばかりなので、毎日勉強させてもらっています」と、月9への想いを語った。

そして、代表質問で“女優とアーティストで共通することは?”と質問されると「共通項はすごく多いです。歌も歌詞の主人公のことを考えて、役作りのようなことをして臨みますし、気持ちの高め方は同じです。ただ違うのは、歌はライブの時、即座にリアルな反応が返ってくること。舞台も似たような感覚があるかもしれませんが、私はまだ舞台を経験していないので…」と答え、この夏の予定についての質問では「この夏は、ずっと『恋仲』の撮影だと思うので、私が演じる三浦七海をとにかくがんばって務めたい。あと、夏と言えばライブがアツい季節なので、ライブをたくさんやりたいです。もしプライベートな時間があったら、友だちとバーベキューかな!」と答えた。

大原は7月22日に3rdシングル「真夏の太陽」をリリース。7月24日に「お台場夢大陸 めざましライブ」、8月6日に「SUMMER STATION 音楽ライブ」、8月9日に「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演。10月から11月にかけては、11月4日Zepp DiverCityを含む全国11公演の全国ツアーを開催する。

  • minp!音楽ニュース(2015年06月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's