エンタメ情報まとめ minp!

郷ひろみ&樹木希林「音楽の日」で36年ぶりデュエット

2015年6月27日(土)に放送されるTBSテレビ60周年特別企画「音楽の日」にて、郷ひろみ&樹木希林が36年ぶりに一夜限りのデュエットを披露することが明らかになった。


同番組では、1977年に放送されたTBSドラマ「ムー」と、1978年から翌年にかけて放送された「ムー一族」の挿入歌として誕生した、「お化けのロック」と「林檎殺人事件」が、36年の時を越えてよみがえる。2人はこのたびの出演に際し、「お化けのロック」をリリースしTVで披露した当時の衣装(そろいのオーバーオール)を準備するなど、気合も十分であるという。

「お化けのロック」は、郷ひろみの23枚目のシングルとして、同じくドラマ「ムー」の劇中歌であった郷のソロ曲「帰郷」との両A面でリリース。ドラマの中でも何度も郷&樹木のデュエットで披露され、人気絶頂の男性アイドルと実力派女優の組合せの妙、緩やかなダンス、分かりやすい衣装などで話題を集め、当時のオリコンシングルランキングでも2位を記録する大ヒットとなった。

一方、ドラマ「ムー一族」の劇中歌「林檎殺人事件」は、郷ひろみの27枚目のシングルとしてリリース。「お化けのロック」と変わらぬコミカルなコンビ、「フニフニフニフニフニフニ~♪」という馴染みやすいメロディーが人気に拍車をかけ、1978年1月放送開始の音楽番組「ザ・ベストテン」にて12週連続ランクイン&4週連続1位、同年の年間ランキングでも10位を獲得するなど、国民的な大ヒットとなった。

その後、郷ひろみは歌手としての活動が中心になり、2015年5月には100枚目のシングル「100の願い」をリリースするなど、芸能活動43年を数えてもトップスターの位置をキープ。また、役者として活躍する樹木希林も、2015年のカンヌ国際映画祭で上演された主演映画『あん』が大ヒットするなど、存在感のある演技で日本を代表する名女優となっている。

そんな2人は、1996年放送のTBS単発ドラマ「坊ちゃんちゃん」にて共演し、2008年4月放送の日本テレビの音楽番組「THE M」で再会しトークをしたことはあったが、実際にTVでデュエット曲を披露するのは約36年ぶりとなる。そして、今年の「音楽の日」は「TBSテレビ60周年特別企画」ということで、過去にTBSの番組・ドラマから生まれた大ヒット曲を、当時の映像とともにお伝えするコーナーも予定しているとのこと。

番組の詳細については、公式サイト(http://www.tbs.co.jp/ongakunohi/)をチェックしよう。そしてこの度、2人からのコメントも到着している。

■郷ひろみコメント

まさか、樹木さんが(出演を)快諾していただけるとは思っていませんでした。「お化けのロック」も「林檎殺人事件」も樹木さんがいないと成立しませんから。僕自身、視聴者の皆さんと同じ気持ちで、すごく楽しみにしています。
「お化けのロック」も「林檎殺人事件」も、僕としては遊びで作った印象はまったくないんですよ。数ある僕の楽曲の中で大切な2曲ですし、極端なことを言うと、「これが一番好きです」というファンの方もいるぐらい。
どういうふうに歌うか、これからリハーサルで詰めていきますが、当日は間違いなく楽しくなると思います。多くの方が期待してくださっていることが感じられますので、楽しみにしていてください。

■樹木希林コメント

36年ぶりにこの衣装を着て、郷さんの隣に立ったら、急にあの頃に戻った気がしました。不思議なものですね。でも、声はあの時とは同じように出ないと思いますよ。なんとか当時の状態に近づきたいと思いますが、ダメでもともとの気持ちでやらせていただきます。でもね、自分で自分に期待はしてないの。テレビを観ている方が、「昔と違うよ」って言ってもいいじゃない。それもお楽しみの一つかもしれません。

  • minp!音楽ニュース(2015年06月27日)
  • 制作協力:okmusic UP's