エンタメ情報まとめ minp!

vistlip、アルバム『LAYOUT』を引っ提げた全国ツアーが終幕

vistlipが6月22日、ニューアルバム『LAYOUT』を引っ提げ、4月24日の東京・新宿BLAZEよりスタートした全国ツアー『Left side LAYOUT[ idea ]』(全13公演)のファイナル公演が東京・六本木EX-THEATERにて開催した。

暗転と同時に S.E「To be awake is to be alive」が流れ、ステージを覆い尽くすスクリーンには、メンバーのシルエットが一人ずつ写し出される。映像が「Period」のミュージック・ビデオで使われたインサートカットに変わり、イントロの演奏が始まり幕が一気に落とされ待望のライブがスタート! オープニングから会場は熱気に包まれた。

「My second B-day」「Catastrophe」とアルバム『LAYOUT』を代表するハードなナンバーが続き智(vo)が叫ぶ。「もっと来いよ東京!」、その声に応えフロア中が熱くななったことは言うまでもない。アルバムからのリード曲「REM SLEEP」はメンバーの死を連想させる印象的な映像で話題となったミュージックビデオをなぞるようにシャープな演奏でまとめ、「Another one step」「Bay the rain」「Idea」「Jack」とアルバムからの曲が続く。このツアーで練り上げられた完成度の高い演奏ばかりだ。

「このツアーは不安ばかりだったけど、ついてきてくれてありがとう。」「このライブが終わった瞬間から、次の未来に向かって一緒に歩いていこうな。」…この時間を共にしたファンへまっすぐな言葉を智が送り、アルバムのクロージングを飾るタイトルナンバー「LAYOUT」で本編は締めくくられた。

アンコールでは「GLOSTER IMAGE」「HEART Ch.」など
ライヴでは欠かせない曲が並び、「暴れに来たんじゃないの?」と智の煽りで会場が揺れる中、ファイナルナンバー「LION HEART」まで一気に疾走し大団円。

「次会う時は俺たちもっとかっこいいぞ。」と最後に智。このツアーではアルバムに収録されている全13曲全てを披露し、新たな始まりを掲げたアルバム『LAYOUT』、そのツアーファイナルらしい、vistlipの今を凝縮し、力強い未来を感じさせるライブだった。

また同公演にて、2015年8月5日にリリースが予定されている通算15枚目のシングルタイトルが「OVERTURE」であること、そして2015年12月18日(金)に国立代々木競技場 第二体育館にてワンマンライブ『Right side LAYOUT[SENSE]』の開催が発表された。こちらも期待したい。

【セットリスト】
To be awake is to be alive
Period
My second B-day
Catastrophe
REM SLEEP
World is mine
Laser
Another one step
By the rain
Idea
Jack
ROACH
Scapegoat
Good girl gone bed
LAYOUT
ー Encoreー
GLOSTER IMAGE
瞳孔
HEART ch.
Reincarnation
LION HEART

photo by 菅沼剛弘

シングル「OVERTURE」

2015年8月5日(水)発売
【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
MJSS-09148~9/¥1,500+税
※初回生産限定盤
<収録曲>
■CD
M1「タイトル未定」
■DVD
「ROUGH THE vistlip ~キャンプ大好きvistlip」

【vister】(CD+DVD)
MJSS-09150~1/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
M1「タイトル未定」
■DVD
「LIVE CLIP from VIIth anniversary tour ”Progressive Jack Pot” 2014.12.21」

【lipper】(CD)
MJSS-09152/¥1,000+税
※初回限定特典:トレーディングカードランダム封入(全10種)
<収録曲>
M1「タイトル未定」
M2「タイトル未定」

【ライブ情報】

「vistlip 8th Anniversary Live [OVERTURE]」
7月07日(火) Zepp Tokyo
開場 17:00 / 開演 18:00

「Right side LAYOUT[SENSE] Oneman Live」
12月18日(金) 国立代々木競技場 第二体育館
開場17:30 / 開演18:30

  • minp!音楽ニュース(2015年06月23日)
  • 制作協力:okmusic UP's