エンタメ情報まとめ minp!

8月28日(土)、29日(日)に開催『WINDBLOW 10』レポート

2010年8月28日(土)・29日(日)の2日間にわたり、静岡県 牧の原市の相良シーサイドパークにて『WINDBLOW 10』が開催された。

2003年からスタートし今年で8年目を迎えるこの音楽イベントは、近年野外イベントの多くが複数のステージを同時進行で行っている中、ライヴセット設営の合間にDJがプレイする時間を設けるほかは、基本的に一つのステージで行っている。

1日目に出演したのは、ほまれ、The Tchiky's、Ucoca、YOSSY LITTLENOISE WEAVER、児玉奈央、BEGIN、東田トモヒロといったラインナップ。BEGINが「涙そうそう」の演奏中にちょうど空に一番星が浮かぶという歌詞とリンクした奇跡もあり、この日の会場には終始温かな空気が流れた。

2日目はsuzumoku、PAPA U-Gee、(仮)ALBATRUS、Spinna B-ILL、Keison、トリのblues.the-butcher-590213 with ムッシュかまやつ+Leyonaのパフォーマンスで会場の熱気は最高潮に達し、ベテランプレイヤーが奏でる力強いブルースに子供から大人まで体を揺らした。

ラストの曲が終わり、客席からのアンコールもむなしくあっさり片付けが始まりステージは終了かと思われた所へSpinna B-ILLが登場。
PAPA U-Gee、元晴、三宅洋平、Keison、児玉奈央、ラティール、Leyona、東田トモヒロなど続々と出演者がステージに集まり、セッションを繰り広げた。
個々のステージで完成度の高いステージを見せた彼らが最後に見せてくれたのは、パフォーマンスとしてのクオリティ云々ではなく、『WINDBLOW 10』が彼らの、また私たちの“お祭”であるということ。盛り上がるステージにつられてオーディエンスも踊る。夏の終わりの音まつり『WINDBLOW』が今年も無事終了した。

一つのステージに集中することで、その場にいる人たちが同じ場所を共有し、同じものを見て、同じ方向を向く。極めてオーソドックスなスタイルだが、すぐ目の前に海が見える恵まれた環境、そしてアーティスト、オーディエンスの一人一人が生み出す一体感や心地よさは、強く心に残った。

  • minp!音楽ニュース(2010年09月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's