エンタメ情報まとめ minp!

ディープ・パープル、ワーナー時代作品が初のCD10枚組BOXセットで発売

ディープ・パープルの60年代から70年代中盤にかけてリリースした作品が、CD10枚組の超豪華BOXセット『ビヨンド・ザ・パープル』となって9月22日(水)に完全限定盤として発売される。

日本独自のリマスタリング許諾が初めて降りたタイミングで実現した今回の企画、最新のデジタル・リマスタリング音源で、今年発売40周年を迎える『イン・ロック』(70年作品)、そして不朽の名作『マシン・ヘッド』(72年作品)、『紫の炎』(74年作品)といったオリジナル・アルバムの絶対的な名盤、さらにライヴ・アルバムの金字塔『ライヴ・イン・ジャパン』(72年作品)など、ディープ・パープルの黄金期と呼ばれる第2期、第3期、そして一時解散を迎える第4期まで、1969年〜1976年の間に発売した作品が収録されている。

BOXはベルベット調の紫色の箱に、銀箔を大胆にあしらったオリジナルのデザインを採用し、ディスクは、特殊なマルチ・ケースに10枚のディスクが収納され、歌詞・対訳ブックレット、そして特別付録となる豪華120ページ・フル・カラーの、貴重な写真とテキストで彼らの歴史を綴ったブックレットが付いている。

<リリース情報>
ディープ・パープル「ビヨンド・ザ・パープル」
WPCR-13924/933
価格:20,000円

完全限定盤 豪華デジパック仕様
ディープ・パープルのキャリアを綴ったブックレット付き(120ページ)
2010年リマスター音源

<収録作品>
1『ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』
2『イン・ロック』
3『ファイア・ボール』
4『マシン・ヘッド』
5『ライヴ・イン・ジャパン』
6『紫の肖像』
7『紫の炎』
8『嵐の使者』
9『カム・テイスト・ザ・バンド』
10『メイド・イン・ヨーロッパ』

  • minp!音楽ニュース(2010年09月05日)
  • 制作協力:okmusic UP's