エンタメ情報まとめ minp!

井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

井上陽水が1972年にデビューをしたポリドール(現ユニバーサルミュージック)に復帰することが発表された。

当時、『氷の世界』の大ヒットをはじめ、井上陽水は名実ともにポリドールの代表的なアーティストとなった。1975年6月に自身も設立メンバーとなり、立ち上げたフォーライフ・レコードへ移籍して以来、40年ぶりに古巣であるポリドール(現ユニバーサルミュージック)に復帰する。加えて、7月29日(水)にアルバム『UNITED COVER 2』をリリースすることも発表された。

この作品は、自身が2001年にリリースしたカヴァーアルバム『UNITED COVER』の第2弾。 『UNITED COVER』は出荷枚数80万枚の大ヒットとなり、昨今のカヴァーアルバムブームの先駆けとなった作品。

今作も時代を彩った名曲を井上陽水がカヴァーをする、注目の内容となっている。中でも注目は自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から、人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)。両曲とも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により、原曲とはまた違った魅力を持った楽曲となっている。

その他、「シルエット・ロマンス」 (大橋純子 1981年)、「リフレインが叫んでる」 (松任谷由実 1988年)、「有楽町で逢いましょう」 (フランク永井 1957年)、「夜霧よ今夜も有難う」(石原裕次郎 1967年)など、時代を越えて愛される名曲ばかり。さらには、ボーナストラックにてオリジナル最新曲、NHK『ブラタモリ』テーマソング「女神」「瞬き」までも収録した、贅沢なポップ・カヴァー・アルバム。

井上陽水は、史上初のミリオンヒットであり、日本音楽史に残る名盤『氷の世界』のリリースの40周年をして開催された長期にわたる全国ツアーが今年3月に大盛況のうちに千秋楽を迎えた。上質な大人のカヴァーアルバムとともに、今秋に予定しているというツアーへの期待も高まる。

アルバム『UNITED COVER 2』

2015年7月29日発売
UPCH-2049/¥3,000+税
<収録曲>※( )内は 原曲歌唱者 原曲発売年
01. シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)
02. 黄昏のビギン (水原弘 1959年)
03. リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)
04. リンゴ (吉田拓郎 1972年)
05. 有楽町で逢いましょう (フランク永井 1957年)
06. 夜霧よ今夜も有難う (石原裕次郎 1967年)
07. 女神 / bonus track  (オリジナル楽曲 新曲)
08v瞬き / bonus track  (オリジナル楽曲 新曲)
09. あの素晴しい愛をもう一度 (加藤和彦と北山修 1971年)
10. I WILL (The Beatles 1968年)
11. 夢で逢いましょう  (坂本スミ子 1961年)
12. SAKURAドロップス (宇多田ヒカル 2002年)
13. 氷の世界 (井上陽水※セルフ・カバー 1973年)
※オルケスタ・デ・ラ・ルス参加楽曲
・リンゴ ・女神 ・瞬き ・I WILL ・SAKURAドロップス ・氷の世界

  • minp!音楽ニュース(2015年06月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's