エンタメ情報まとめ minp!

ELISA北米単独公演に拍手と歓声鳴り止まず

劇場3Dアニメーション作品『楽園追放 -Expelled from Paradise-』の主題歌などで知られるELISAが、アメリカ・ニュージャージーで開催されたアニメコンベンション“AnimeNEXT2015”に出演した。


同コンベンションは、2002年よりUniversal Animationによって運営されているもので、今年は6月12日(金)から6月14日(日)の3日間で延べ約14,500人を動員。北米で2度目の単独公演となったELISAは日曜日夜のメインステージに出演し、アメリカでも上映された前述の『楽園追放 -Expelled from Paradise-』主題歌「EONIAN -イオニアン-」をはじめ、オペラ、クラッシックとJ-POPをクロスオーバーさせた「REALISM」(TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」3rdEDテーマ)や、「God only knows」といったこれまでの数々の代表曲、そして「もののけ姫」(アカペラ)、「愛・おぼえていますか」のカバーなど、1時間強にわたって全12曲を熱唱した。

また、ライブ中のMCでは“ELISAコール”なるものを片言の英語で説明し、特有の天然さが会場の笑顔を誘う一幕も。さらに、コンサート本編終了後には拍手と歓声が鳴り止まず、急遽アンコールを行い、観客からのリクエストで「EONIAN -イオニアン-」をアカペラで熱唱し、約1,000人のオーディエンスを魅了した。

なおELISAは、7月4日と5日に自身初出演となるマカオでのアニメコンベンション“ACT-EXPO”、7月20日(月)草月ホールでの“ANI-CUBE”にゲスト出演。詳細については、公式サイト(http://www.elisa-smile.com/)をチェックしよう。

  • minp!音楽ニュース(2015年06月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's