エンタメ情報まとめ minp!

2.5次元を漂う酸欠少女“さユり”が「乱歩奇譚」ED曲でメジャーデビュー

フジテレビ“ノイタミナ”他にて2015年7月2日より放送がスタートするアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」のEDテーマが、19歳の新人シンガーソングライター“さユり”の「ミカヅキ」に決定した。


同曲を引っ提げて2015年夏にメジャーデビューするさユりは、現実の世界に息苦しさを感じる“酸欠世代”の心情をアコースティックギターをかき鳴らしながら歌う、虚構と現実の狭間に存在するアーティスト。大の江戸川乱歩ファンでもあるという彼女の世界観が深く表現されたEDテーマ「ミカヅキ」は、現代的ながらも普遍的な心情が描かれた、イマドキ共感ロックチューンに仕上がっているとのこと。

また、さユりの音楽世界、歌詞の持つ世界を可視化するべく、彼女自身も大ファンでリスペクトしているという新進気鋭のCGアーティスト“YKBX”とのコラボレーションが実現。デビューシングル「ミカヅキ」だけでなく、今後は継続してYKBXとタッグを組んで、2.5次元のキャラクター、映像、アートワークを展開し、楽曲、ライブ、映像によって、それぞれの個性と精神性を最大限に発揮した、新星CGリアルアーティストとして活動を開始するとのこと。

なお、近日中には新たなる発表も控えているそうなので、続報が気になる人は公式サイト(http://sayuri-web.com)のチェックをお忘れなく。

(C)乱歩奇譚倶楽部

  • minp!音楽ニュース(2015年06月11日)
  • 制作協力:okmusic UP's