エンタメ情報まとめ minp!

堤幸彦監督が魂を揺さぶられたアーティスト、Sunyaの新曲PVが完成

自らの実体験を基に綴られた痛切なメッセージソングで話題のSunya(スンヤ)の新曲「少年トラウマ〜明日の君へ〜」のミュージックビデオの監督を、数々の話題作を世に送り出していることで知られる映画監督・堤幸彦が手掛けていることが明らかになった。

前作「遠恋歌」を聴き、『いい声だ。いい歌だ。』とその頃からSunyaに注目していたという堤監督。新曲「少年トラウマ〜明日の君へ〜」を聴いた瞬間、『これはやらなきゃいけないな。』と思ったという。

堤監督といえば代表作は数多く、20世紀少年やTRICK、池袋ウエストゲートパークなどを手がけている。9月4日(土)には映画『BECK』の公開を控える中、超多忙なスケジュールの合い間を縫って準備は進められ、ロケ先はSunyaの地元・大阪 堺市に決定。堺市役所をはじめ、小学校や商店街の協力のもと撮影が行われた。

現在SunyaのオフィシャルHP「少年トラウマ.com」特設ページでは、著名人からの応援メッセージを公開中。その中で堤監督は、

『最初に曲を聴かせて頂いた時に「これはやらなきゃいけないな。」「彼の魂に応えなければいけないな。」と思いました。
メッセージをストレートに訴えるという事は非常に力のいる事で、それをテクニックで出来る人はたくさんいるけれど、それはどこかでテクニックと解ってしまう。
しかしSunya君の場合はそういうあざとさが無い。彼の人生をそのまま歌にするというもっとも本来の歌の在り方、作り方、伝え方、そして歌いたいという欲がそこにあるし、聴いてほしいという欲がそこにある。それこそがシンガーのすべき事である。
そういう熱は絶対に人々に伝わって行くんですよ。伝わらなくちゃならないし、伝わらない日本なら良くない。彼のそういう気持ちを私はプロとして映像にしたかった。』
というコメントを寄せている。

「少年トラウマ〜明日の君へ〜」のリリースは9月15日(水)、着うた(R)配信は8月25日(水)からスタートする。


■シングル「少年トラウマ〜明日の君へ〜」
2010.09.15リリース

■レコチョクにて「少年トラウマ〜明日の君へ〜」独占企画開催中
・8/25(水)着うた(R)配信
・9/15(水)着うたフル(R)配信予定

  • minp!音楽ニュース(2010年08月17日)
  • 制作協力:okmusic UP's