エンタメ情報まとめ minp!

平井堅、ライヴで新曲「Sing Forever」を初披露

平井堅が8月14日・15日にかけて行われた『J-WAVE LIVE 2000+10』の最終日で初披露した新曲「Sing Forever」のリリースが、10月6日(水)に決定した。

タイトルの「Sing Forever」とは、昨年末のKen's Barのラストで一年の締めくくり、そして15周年イヤーに向けての意気込みとして会場の大画面に映し出されていた言葉で、生まれて38年、歌手としてデビューして15年、悩み・苦しみながらも歌に救われ、歌と共に生きてきた自らの人生哲学、“死ぬまで歌い続ける”というゆるぎない決意がゴスペルで表現された渾身の1曲。

平井堅は、「今回はトロトロのラヴソングではなく、15年を経て歌手として今思う気持ちを歌にしました。一生、声が出なくなるまで歌い続けていきたい、歌と共に生きていきたいという決意表明の曲です。そして広い意味では人生賛歌です。暗く、悲しいニュースが多いですが、この世に生まれてきたこと、生きていることを受け入れて肯定したい。色んな痛みや弱さ、傷とも死ぬまで付き合っていく、生きることから逃げないでいたいということを歌にしました。」と語っている。

収録曲はほかに、「HOTEL VAMPIRE」、TBS主催「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」テーマソングに起用された「太陽」、既発シングル「CANDY」のリミックスver.と表題曲「Sing Forever」のインストver.を合わせた全5曲。ゴスペル〜バラード〜ファンクチューンまでと聴き応えは十分。また、通常盤と同価格で発売される初回盤は、平井堅のデビュー・オーディションなど、超秘蔵映像などで15周年を振り返るスペシャル・コンテンツを収録したファン必見の特別仕様となっている。

7月からスタートした真夏のKen's Barもいよいよ終盤を迎える平井堅。ラストを飾る8月25日と26日にはニューヨーク公演でその歌声を披露する。


■平井堅 32ndシングル「Sing Forever」
2010年10月6日(水)発売
・初回生産限定盤[15周年記念映像収録CD-EXTRA仕様] DFCL-1686 1,223円(tax in)
・通常盤[CD] DFCL-1687 1,223円(tax in)
[収録曲]
1.「Sing Forever」
2.「HOTEL VAMPIRE」(新録曲)
3.「太陽」(TBS主催「没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」テーマソング)
4.「CANDY -Suspicious Remix-」
5.「Sing Forever -less vocal-」

  • minp!音楽ニュース(2010年08月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's