エンタメ情報まとめ minp!

高知発の新星ガールズバンド、sympathyがビクター新レーベル・CONNECTONEと電撃契約!

ビクターエンタテインメントの新レーベル・CONNECTONEが、高知県の高校の部活で結成された女の子4人組バンド、sympathy(シンパシー)と契約したことがわかった。同レーベルからの第1弾リリースとなるミニアルバム『トランス状態』は、7月15日にリリースとなる。

全国的にはまったく無名の女の子4人組がいきなり手にしたシンデレラストーリー。sympathyは柴田ゆう(Vo&Gu)、田口かやな(Gu)、今井なつき(Ba)、門舛ともか(Dr)からなるロックバンドで、メンバーは全員19歳、昨年春に高知市の同じ高校を卒業したばかりだ。

きっかけは、昨年夏に初めて(そして現時点では唯一)東京のライヴハウスに出演したことだった。たまたま別のバンドを観に来ていた現所属マネージメント社長がsympathyのステージに衝撃を受け、さらに会場で入手した1stミニアルバム『カーテンコールの街』を聴いて、その圧倒的な才能を確信。音源を紹介されたCONNECTONEレーベルに至っては、なんとライヴも観ないで契約にこぎつけてしまった。

柴田と田口という2人の有能なソングライターを中心に、10代の女の子のみずみずしい感性が爆発している2ndミニアルバム『トランス状態』は、驚異的なスピードで進化を続ける4人の現在を刻み付けた6曲を収録。柴田の個性際立つヴォーカルに、LINE、Twitter、Skypeを駆使しながらメンバー全員で書き上げたという歌詞、そしてドライヴしまくるバンドアンサンブルが光り、ここにきて盛り上がりを見せるガールズバンドシーンに、ひときわ存在感を放つ新星が登場した。

ミニアルバム『トランス状態』

2015年7月15日発売
NCS-10097/¥1,800+税
<収録曲>
01.女子高生やめたい
02.さよなら王子様
03.紅茶
04.有楽町線
05.泣いちゃった
06.あの娘のプラネタリウム

  • minp!音楽ニュース(2015年06月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's