エンタメ情報まとめ minp!

アキシブproject、 赤坂BLITZにてワンマンLIVEが開催決定

5月30日にアイドルグループ、アキシブprojectの3rdワンマンLIVEが新宿BLAZEにて開催され、600人を超える人で埋め尽くされた会場にて、7月以降に全国LIVEハウスツアーを行うこと、また2016年3月22日に赤坂BLITZでの4thワンマンLIVEが開催されることが発表された。

アキシブprojectは、“秋葉原”と“渋谷”両方のカルチャーが融合した、新世代の王道アイドルグループとして結成。2014年3月よりTwinBox AKIHABARAにて、定期公演を皮切りに本格始動。2015年4月14日にリリースされた1stミニアルバム『乱れ髪ファイティングガール』はタワーレコード全店アルバムチャート1位/オリコンデイリーアルバムチャートでは5位を獲得。また、“TOKYO IDOL FESTIVAL2015”にも出演、2年連続での出演が決定している。現在、群雄割拠しているアイドルグループの中でネクストブレイク候補にも名前が上がるなど、着実に勢いを増しているアイドルグループだ。

今回のLIVEタイトル“WAY TO DREAM”(夢への道)にある通り、夢や将来に悩みを抱いている等身大の姿をメンバーそれぞれが表現したアイドルのLIVEらしからぬ映画タッチなオープニング映像から始まり、「だけど僕らは戦う道を選ぶんだ」という言葉と共にメンバーが登場、そして“アキシブprojectとファン、一体になって進もう”というメッセージが込められている新曲「one」と「アキシブウェイ」が連続で披露され、会場のボルテージは一気にMAX状態に。

その他に<踊ってみた>で有名な踊り手“みうめ”が振付を担当したユニット曲「キーワード」、LIVEの定番ともなっているタオルを回すパンクロック調な曲「Restart」と、新曲も2曲披露し、更に既存楽曲のMIX曲をパフォーマンスするなど、普段の定期公演やLIVEなどでは見られない演出がふんだんに盛り込まれていた。さらにアキシブprojectのバラード曲「虹の色」を披露している間、会場のファン全員でメンバーカラーである8色のサイリウムを使用し〝アキシブprojectの虹の色〟を演出するサプライズもあり、これにはメンバーも感動で息を詰まらせた。最後はファンへの感謝を含むこれからの意気込みをメンバーそれぞれが語り本編が終了、全体でアンコールも含む計16曲を披露。メンバーとファンが一体になれるとても熱いLIVEとなった。

そして、そのLIVEの中盤でリーダーの宮谷優恵(ゆえち)から「アキシブprojectとしてもっと上へ行くために皆さんに発表があります」と【心技体/武者修行 全国LIVEハウスツアー】と銘打った全国ツアーを7月以降順次行うことを発表した。

その発表を受け会場が盛り上がる中、メンバーからは「まだまだ自分達に足りていないことが山ほどある。ステージパフォーマンスもそうだけど、もっと上に行くためには、体力やメンタルも強くしていかなければいけない、強行スケジュールでも自分達を鍛え上げたい」と今回の全国LIVEハウスツアーに向けた真剣な気持ちを説明。

そして、さらにアンコールでは「アキシブprojectが今後進んでいくために、その先の大きな目標としてもうひとつ決めたことがあります」と、今度は4thワンマンLIVEを2016年3月22日に赤坂BLITZで開催することを発表した。会場が歓声に包まれる中で、メンバーからは「約2年前にアキシブprojectがお披露目された思い出の会場で単独公演に挑戦できることがとてもうれしい。そのために自分達を鍛えるための全国LIVEハウスツアーでもっと自分達を成長させて、赤坂BLITZに望みたい」と意気込んだ。

2016年3月22日に赤坂BLITZにて行われる4thワンマンLIVEまでの約10か月、アキシブprojectの成長と、どういう展開を仕掛けてくるか、今後が非常に楽しみである。

「アキシブウェイ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=8ymq3cHWXxc

「Eternal Blue」MV
https://www.youtube.com/watch?v=vU_Qz7_b3rs

  • minp!音楽ニュース(2015年06月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's