エンタメ情報まとめ minp!

WONWOO(ウォヌ)、KとJの境界を破壊する圧巻のパフォーマンスに会場は完全燃焼

2015年5月6日に日本デビューアルバムとなる『awaken』を発売したシンガー、WONWOO (ウォヌ) が5月21日(木)に大阪・BIGCATでワンマンライブ『solo live 2015 awaken』を開催した。

WONWOOは1983年韓国生まれ。抜群の歌唱力とダンス能力、優しく暖かな人柄で人気を得て、2004年に大手芸能事務所Media Lineと専属歌手契約を結び2005年に“幸せな懐かしさ”がヒット! 多数のコンサートでも活躍後、アルバム・ディレクターやヴォイス・トレーナーとして後進の育成にも力を注いできた実力派だ。彼の生徒達には、K-POPアイドルとして第一線で活躍する歌手が多数存在する。新たに2014年から拠点を日本に移して活動を開始。いよいよ本格的に暴れはじめることになった。

満席の会場。冒頭、ゆかりの芸能人たちのメッセージ映像が次々と流れた後、デニムのDsquared2上下を着こなして登場。先行シングル曲「It's over」のイントロが流れる中で早くもスタンド・アップ状態に。「カッコ良い~」と歓喜の声をあげる姫達の騒めきの中にあってもメリハリがあって良く通る歌声は、このライブが決して期待を裏切らない事を堂々と宣言した。間違いなく本物の歌い手だ。

ただカッコ良いエンターティナーなら他にも大勢いるだろう。だが、WONWOOの大阪弁のMCは会場を爆笑の渦に巻き込む。こと笑いに関しては大阪の観客は手厳しいのだが、彼はわずか一言二言でボケとツッコミの間合いを巧みに操りながら客席との距離を縮めてしまう。そして、単身で日本へ乗り込んだ「息子をよろしく」と両親登場(実際はライブで両親を安心させたかったらしい)。笑いと人情で会場はファミリー的雰囲気に。

和んだところでカバー曲コーナーへ。だが、これがWONWOOが本物のモンスターである証明となる。先ずステージの真ん中に彼一人が座って全くのアカペラ体制に。客席からのリクエストに即興で応えるという。「なんかジュークボックスみたいにすぐ出るで〜」と「レイニーブルー」「ワンモアタイム」「歌うたいのバラード」「ストーリー」等の一節でリクエストを漏らさず返していく…。ちなみに筆者はその姿その声にスティービーワンダーを思い浮かべてしまったのだが、WONWOOの原点がR&Bにあると知れば納得できる。

最後にバンドを交えエリック・クラプトンの「Wonderful Tonight」でとどめ。それにしても魂の入った歌唱。彼はK-POPでは括れない。そして、もう一つのカバーがなんと美空ひばりの「お祭りマンボ」。初めてのチャレンジ「これメッチャ発音早い!」等とボヤキを入れながらも難なくこなす。J-POPを超えて演歌の領域に迫る。

続いてゲストのラッパー、SPHREが登場し、アルバムから「リハーサル」を掛け合いで披露。多彩な交友関係のなせる聴き応えのあるコラボ曲と言える。

再びノリの良い若手実力ダンサー達を従えて、歌とダンスのエンターテインメントに撤しながら、アルバム曲を次々とたたみ掛けてくる。ダンスは歌のバックに留まらない作品の一部。幾つものライブを共にする深い絆から一体化した世界観が構築されてゆく。

クライマックスでは大勢のキッズダンサーも登場。次世代への熱い眼差しは後進育成にも力を注いできた彼ならではだ。

会場も熱い。気分最高! ノリにノッテ歌いまくる。WONWOOにはKもJもない。彼は地球グローバル化時代に降臨したモンスターだ。完全燃焼! これがWONWOOのライブだ!!!

photo by タコジロウ

  • minp!音楽ニュース(2015年06月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's