エンタメ情報まとめ minp!

OVA「とある科学の超電磁砲」EDを担当するELISAがアコースティックライヴを開催!

10月27日にOVA「とある科学の超電磁砲(レールガン)」EDテーマを収録したシングル「Special “ONE”」をリリースする次世代歌姫・ELISAが、7月18日、原宿アストロホールにて行ったアコースティックライヴの公式レポートが到着しました!

彼女のデビュー以来の念願だったというアコースティックライヴ。まさにファン必読の内容となっています!

--------------------------------------------------------

ELISA アコースティックライブ2010 inアストロホール
(7月18日 原宿アストロホール)

7月18日、ELISAの初となるアコースティックライブが、原宿アストロホールで開催された。アストロホールは、ELISAにとってもファーストライブを成功させた思い出の地。この場所で、「ぜひアコースティックで歌声を届けたい」との本人たっての希望で今回のライブが実現された。ギター1本とヴォーカルのみのパート、そして本人の弾き語りパートで構成されたステージで、ELISAの歌声の力を堪能しようと多くのファンが駆けつけた。今回会場ではスタンディングもサイリュウムも無し。
彼女の歌声に集中できる空間が整った。

届けられた楽曲は、「SMILE -You&Me-」に始まり、アルバム曲、そして自身が作詞作曲した新曲も含めた全10曲。ワンフレーズ、ワンフレーズに感情を込め歌い上げるステージは、フルバンドでのライブとは違い彼女の歌声そのものの魅力がより強く感じられた。
そんなライブであってもMCはいつも通り!ギターリストの紹介であだ名をつけたり、「わしづかみの"ワシ"って、鳥の鷲なんだね」と茶目っ気たっぷりなトークで会場を沸かせでいた。
弾き語りパートでは本人愛用の「エリーローズ」と名づけられたキーボードでの弾き語りを披露。今回のライブの為に書き下ろされたELISA作詞・曲の新曲も発表された。ラストの「ミカエルは眠る〜dans le coeur〜」では感極まりELISAが涙ぐむ一幕も。「この歌は泣けるんだ」とのELISAのコメントに会場も一瞬静まる。そしてアンコールでは「どうしてもマイクを通さずに直に自分の声を届けたい」とマイク無しでのアカペラの「euphoric field」の歌唱もあり、ファンにとってはここでしか聞けないであろう貴重な体験の場となった。

ライブ終了後はネット配信番組「ELISAのひとりでデきるモン!」の公開収録も実施。
この中では、7月28日にアニメイト限定でリリースされるシングル「アニメイトのうた」の紹介など楽しいトークが届けられた。そしてイベント最後には、ファン1人1人との握手会も行われ、ELISAとのふれあいに男性ファンも女性ファンも満足の笑みとメッセージを贈った。

----

2010.10.27 ON SALE

ELISA「Special “ONE”」

  • minp!音楽ニュース(2010年07月30日)
  • 制作協力:okmusic UP's