エンタメ情報まとめ minp!

カミナリグモ、憧れのthe pillowsとライヴで競演!

7月20日、「CLUB Que 夏ノ陣 2010 VS series」と題されたこの日、最初に登場したカミナリグモは、名曲「王様のミサイル」やTOMOVSKYのカヴァー「SKIP」、そして「ローカル線」など全9曲を披露。

夢覚めやらぬ様子でthe pillowsとの競演に「実感が湧かない」「片想いのままでよかった」などと語る上野だったが、奏でられたパフォーマンスは絶品。
the pillowsのベースを務める鈴木淳、元くるりの森信行(ds)の好サポートも味方につけて、the pillowsファンの様子見な空気をぐいぐいと自分たちの方に振り向かせていった。
その好演に感化されたのか、後から登場したthe pillowsものっけから満員の観客を熱狂の渦へと引きずりこんでいき、上野からリクエストされた2曲や新曲も披露し、鳴り止まないアンコールに2回も応え、圧巻の全15曲を演奏しきった。
途中のMCでは、上野のキャラクターをイジりまくっては爆笑を誘っていた山中だったが、その才能と可能性を高く評価していることがthe pillowsファンにも十分伝わるものだった。

中学時代に出会って衝撃を受けたバンドに認められ、メジャー・デビュー作をプロデュースしてもらい、さらには対バン・ライヴまで実現するという、カミナリグモにとってまさに夢が叶った一夜となった。


【リリース情報】
the pillows 山中さわおプロデュース楽曲にてカミナリグモ 遂にメジャーリリース!

「自分より不器用で、自分より天才に久しぶりに遭遇。
良い音楽しか作らない。」(the pillows 山中さわお)

2010.7.21 On Sale
Maxi Single「ローカル線」
KICM-1317 ¥1,200(tax in)

  • minp!音楽ニュース(2010年07月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's