エンタメ情報まとめ minp!

坂本龍一やRadiohead等と共鳴する、壮大で映像的なサウンドスケープを放つ鬼才、1stアルバムをリリース

2008年にリリースされたデビュー7インチ「PUKE」をリリース、同作で披露したピアノ、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ等、クラシカルな楽器を大胆に導入したサウンドが評価され、坂本龍一が代表を務める『more trees』のイベント出演や、ジャジー・ヒップホップをメインストリームへのし上げた人気コンピ『IN YA MELLOW TONE』シリーズへの参加などを経て、多方面から絶大な支持を集めてきたHIDETAKE TAKAYAMAが、先日7月7日(水)に1stアルバム『Right Time + Right Music』を発表した。

「PUKE」や、ドス黒いジャジーな響きを持った「ID-01-37-22-8923A」、まるでオペラのような壮絶な音空間を作り出す「INSCAPE」といったインスト曲では、自身もフェイヴァリットに挙げるThe Cinematic Orchestraや、「OK Computer」以降のRadioheadにも通じる壮大なサウンドスケープを表現しており、また、Erykah Baduに継ぐ才能と評されるStacy Eppsや、日本でも絶大な人気を誇るCrown City RockersのRaashan Ahmad、フランスのPortisheadとの呼び声高い、KiddycarのValentina Ciddaといった豪華なゲスト・シンガーやラッパーを迎えた曲では、更にその表現力を増し、もはやジャンル・カテゴライズ不能の美しさを放っている。

『Right Time + Right Music』というタイトルのとおり、HIDETAKE TAKAYAMAの作り出す音楽が「この瞬間、ここで鳴るべき音」として国境も言葉も越えて響き渡るのは、もはや時間の問題だろう。

また、8月20日(金)20:00〜タワーレコード新宿店にてインストア・イベントが行われるので、HIDETAKE TAKAYAMAの音世界を体感したい人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • minp!音楽ニュース(2010年07月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's