エンタメ情報まとめ minp!

LACCO TOWER主催のロックフェス「I ROCKS 2015」、2日間で3,000人を動員する大盛況

4月25日(土)[故郷編]、26日(日)[盟友編]と群馬音楽センター(高崎市)で開催されたLACCO TOWER主催のロックフェス「I ROCKS 2015 stand by LACCO TOWER」。地元・群馬へのメンバーの熱い想いが詰まったこのイベントが計2日間で3,000人を集め、大盛況で終了した。

25日(土)[故郷編]。昼11:00のオープン前から、会場となる群馬音楽センター前には長蛇の列が。12:00にトップバッターとしてJilL.が登場すると会場は熱気に包まれ、トリのLACCO TOWERまでその熱が冷めることはなかった。[故郷編]は地元・群馬のバンドだけ を集めた一日。群馬のロックシーンを盛り上げたいというLACCO TOWERのメンバーが抱く想いは、出演したすべてのバンドにも伝わっていたように感じられた。

26日(日)[盟友編]も12:00にスタートし、この日のトップバッター はircle。[盟友編]はLACCO TOWERが出会うべくして出会ったバンドを群馬に迎え入れ、自 分たちが成長の過程で出会った盟友たちを群馬の皆に紹介したいというメンバーの想いが詰まった一日だ。そんな盟友バンドたちは、ステージ上でそれぞれLACCO TOWERとの出会いや想いを語り、最高のパフォーマンスでフェスを盛り上げていた。そして何より、すべてのバンド、満員のお客さんがこの日この時しかない時間を共有して楽しんでいたのが印象的だった。

大トリはもちろん、LACCO TOWER。今年バンドスタイルでライヴをやるのが実はこの「I ROCKS 2015」が初めてということもあって、並々ならぬ決意でステージに立った彼らのライヴはまさに圧巻 の一言。細川大介(Gt)が語った“1年間かけてイベントを作り、本当に楽しめるのは演者に戻りこのステージに立てる何十分だけ。でもこの一瞬が最高だからがんばれるんだ”という言葉が指すように、このフェスでしか味わえないLACCO TOWERのライヴがそこにはあった。

また、メインの「I STAGE」のほか、アコースティックステージ「YOU STAGE」の盛り上がりも凄まじかった。両日スペシャルとして出演バンドのコラボがあったり、思わぬ乱入があったりと、非常にアットホームな温かいステージに。そのほか、「I ROCKSカフェ」「I ROCKS特製弁当」「I ROCKS自動販売機」などが設置されるなど、音楽以外の部分においてもDIYでこのフェスを作ってきた彼らならではの“おもてなしの心”を十二分に感じさせてくれた。

そして、「I ROCKS 2016」の開催も宣言したLACCO TOWER。来年に向けてまた期待が高まるところだ。

【LACCO TOWER Ba./ 株式会社アイロックス代表取締役社長 塩崎啓示コメント】
全ては“故郷群馬でロックフェスを開催すること"その為に立ち上がりました。
I ROCKS 2015[故郷編]、[盟友編]二日間を大盛況で終えることが出来ました。故郷群馬にこだわって、これぞ僕らにしか出来ない唯一無二のロックフェスになったと自負しております。この故郷群馬から発する熱量で全国の音楽ファンに向かって刺激を与えられたら本望です。二年目のジンクスは確実に乗り越えられたとステージ上で確信いたしました。
既にI ROCKS 2016に向けて挑戦は始まっています。今日からまた新たなスタートです。「僕らはロックでできている」この信念のもと、携わってくれる全ての人に感謝と敬意の気持ちを込めて今年以上にまた最高で最幸なロックフェスになるよう精進いたします。

  • minp!音楽ニュース(2015年04月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's