エンタメ情報まとめ minp!

伝説のメガヒット・バレエ『マシュー・ボーンの白鳥の湖』開幕!

親しみやすい作風から、管弦楽/室内楽/オペラ/バレエ音楽など、どの分野においても高い人気を誇っているロシアの作曲家、ピョートル・チャイコフスキー。そのチャイコフスキー作曲のバレエ作品『白鳥の湖』をもとに、イギリスの演出家マシュー・ボーンが新しい解釈を加えた『マシューボーンの白鳥の湖』が、青山劇場にて5年ぶり3度目となる来日公演を開催している。

ダンス/演劇/ミュージカル界を席巻する鬼才マシュー・ボーンによる本作は、1995年ロンドンにて初演され、バレエ史上初の4ヶ月公演というロングラン記録を打ち立て、1998年にブロードウェイ進出。そして1999年度のトニー賞にて、最優秀ミュージカル演出賞、振付賞、衣裳デザイン賞の3冠に輝いた他、ローレンス・オリヴィエ賞など30以上の賞を受賞。日本にも2003年と2005年に来日し、「男性ダンサーが踊る白鳥」として大ヒットを記録した。
作中では、自分に欠落しているものを求め、憧れの対象を見つけた王子が、それを手にできない苛立ちと絶望感を感じる姿を、切ないまでの演出で描き切っている。また、全てを貫くスピード感と圧倒的運動量を誇るダンス、意表をつかれる演出が楽しいダンスシーン、白鳥の踊りはダンサー達の息づかいもセクシーなほどの臨場感、そして、こだわりの演出が随所に散りばめられ、気がつけば夢のような世界へと引き込まれている。

公演初日は「王子」役に愛らしい青年としての魅力を持つドミニク・ノース、「ザ・スワン/ストレンジャー」役に野性的で不良的な雰囲気を醸し出すジョナサン・オリヴィエがキャスティングされ喝采を浴びた。この2人も本公演中にファンを増やしそうだが、2010年5月に公開されたロンドン初の3D映画『Street Dance 3D』において、主役に抜擢されたリチャード・ウィンザー(ザ・スワン/ストレンジャー役)や、マシュー・ボーン作品ではおなじみのサム・アーチャー(王子役)も公演毎にキャスティングされており、今回は違った趣で演じてくれそうなキャラクターも楽しみだ(キャスティングの発表は公演当日に劇場にて発表)。

『マシューボーンの白鳥の湖』日本公演は6月27日(日)まで青山劇場にて公演中。詳しくはオフィシャル・サイト、電話での問い合わせはキョードー東京(03-3498-6666:朝10時〜夕方6時まで)で受付中。

  • minp!音楽ニュース(2010年06月15日)
  • 制作協力:okmusic UP's