エンタメ情報まとめ minp!

平成琴姫、3周年ライブでリーダー交代新体制を発表

3月に行われたワンマンライブで7月にロンドンで開催される『HYPER JAPAN Festival 2015』への出演を発表した沙月美祐、かとう唯、桃屋マミの3人組アイドル平成琴姫が、4月5日に福島県いわき市の勿来の関公園 吹風殿で3周年スペシャルライブを開催した。

会場となった吹風殿は源義家がこの地で詠んだ歌にちなみ作られた寝殿造の建物で、彼女達が2月に発売した3rdシングル「乙女革命」のMVを撮影した場所でもある。当日は桜の花散らしの冷たい雨が降るあいにくの天候だったが、多数の衛兵(平成琴姫ファン)や勿来の関公園を訪れた一般客が集まり、「Darkness~心の闇」でライブはスタート。小高い山の上に建つ吹風殿の静穏な前庭は、大音量のアイドルソングと衛兵達のミックスやコールによって一瞬にして不思議なヴァイブスに包まれ、さながら春の霞の中に現れたアイドルの桃源郷のようにも感じられた。

中盤では彼女達のオリジナル楽器・平成琴を使っての「さくらさくら」の演奏に続き、震災への自分達の思いが詰まっている曲なので福島でいつか歌いたいと思っていたと初期からのナンバー「ひまわり」を披露。MCではメンバー同士話し合って決めたという桃屋マミから沙月美祐へのリーダー交代が発表され、「今まではリーダーストッパーがかかっていたからね」という沙月の労いの言葉に桃屋は「これからはやりたい放題ですよ!」と返答し、今後に繋がる前向きなやり取りにファンは沸いた。その後「みなさんに出会えて良かったと思います。私達絶対有名になるから付いてきて下さい!」(桃屋)、「2周年のライブは4人でした。体制が変わったりメンバーが変わったりいろいろありますが私達は何も変わりません。これからもずっと前を見続けて頑張っていこうと思っています。一緒に乙女革命を起こしましょう!」(かとう)、「リーダーをやらせてもらうからには、もっともっと自信を持って引っ張っていかないといけないと思う。3周年を迎えて2年目より3年目の方がいいって言われたいし、3年目より4年目の方が飛躍していたいから、これからは自分を変えていこう思っています」(沙月)と、それぞれが3周年を迎えた今の思いをファンに伝え、衛兵達からもお祝いのサプライズでメンバーカラーのバラの花束が贈呈された。

次へと進むための固い絆と決意による新体制の報告からの後半は、ステージ上のメンバーの掛け声に合わせ衛兵が左右や円になって移動する「メロディ」、みんなでタオルを回す「真夏のシャボン玉」、お祭りソングの「琴姫ワッショイ音頭!」と畳み掛け、盛り上げソングの連鎖で場は一気にクライマックスへ。その後「乙女革命」「春一番!」で本編を終えると、アンコールではwebで実施していた楽曲投票で1位に選ばれた「乙女革命」が再び歌われスペシャルライブは終了。吹風殿の主屋である南殿をステージにしたこの日の演出には平安時代に宮中で行なわれた春の宴を現代に再現したような艶やかさが感じられ、終わってみれば冷たい春雨も一つの演出に思えた素晴らしいライブだった。

TEXT:山村哲也
PHOTO:安藤史紘

【セットリスト】

1.Darkness〜心の闇
2.Cance〜心の光
3.LonelyEnd〜儚い夢
4.銀河の一生タイム!
5.フラワーストーリー
6.さくらさくら
7.ひまわり
8.フェアリーテイル
9.Love Magic 恋の魔法
10.あいうえお
11.恋文
12.メロディ
13.真夏のしゃぼん玉
14.琴姫ワッショイ音頭!
15.乙女革命
16.春一番!
<ENCORE>
17.乙女革命

  • minp!音楽ニュース(2015年04月11日)
  • 制作協力:okmusic UP's