エンタメ情報まとめ minp!

今年も開催!『Music Revolution』が次世代を担うアマチュアミュージシャンを募集

ヤマハグループが主催する日本最大規模のアマチュア音楽イベント『The 4th Music Revolution』が今年も開催される。これに伴ない、全国各地で6月から8月に行われる予選大会の応募受付を開始した。

『Music Revolution』は、23歳以下のアマチュア・ミュージシャンを対象に行っている音楽コンテストで、「23歳以下なら参加形態や音楽ジャンルは自由、コピーでもオリジナルでもOK」と応募者全員が予選ステージで演奏できる気軽さから、回を重ねる毎に応募者が増え、昨年はメジャーデビューを夢見る5,500組が応募し全国200を超す予選大会でパフォーマンスを披露した。

『Music Revolution』からすでに数々の新たなアーティストも誕生している。第1回目大会の九州地区ファイナルグランプリを受賞した舞花は、その独特の存在感と歌唱力で19歳ながら今年4月に「never cry」で念願のメジャーデビューを果たした。6月23日には早くも2ndシングル「教えてよ〜miseducation〜」のリリースも決定するなど好調なスタートを切り、さらに昨年グランプリを獲得した札幌出身16歳の山崎葵は、インディーズで女子高生シンガーソングライターとしてNHK北海道フレッシャーズキャンペーン・ソングに「強くなる人」が起用され4月に配信リリースするなど、若手ミュージシャンの登竜門として注目されている。

そんな彼女たちに続くべく、ぜひこの予選大会に参加したいという人は、現在公開中のMusic Revolutionホームページに掲載されている注意事項を参照の上、「ライヴ応募」か「テープ応募」のどちらかでエントリーが可能だ。
今年のグランプリを手にするのは誰なのか?! 結果は11月14(日)HARAJUKU QUEST HALLにて開催されるJAPAN FINALまでお楽しみに。

  • minp!音楽ニュース(2010年06月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's