エンタメ情報まとめ minp!

宇治田みのる、世界初のサッカーヒーロー「蹴球リベラー」のテーマソングを担当

4月5日(日)に行われた横浜FC vs ジュビロ磐田の公式戦前のイベントにて、DJやMC、音楽プロデューサーとして活躍する宇治田みのるが、雑誌やclubイベントのMCとして活躍中のRyuji、そして国内フィメールラッパーの第一人者であるM-Cat"a.k.a"Michoをフィーチャリングし、「宇治田みのる feat. Ryuji&M-Cat"a.k.a"Micho」として、世界初のサッカーヒーロー「蹴球リベラー」のテーマソングを担当することが解禁となった。

テーマソングとなる「蹴球リベラー ~キョロキョロのうた~」はダンスも同時に開発され、同曲に合わせたダンスをすることで、自然とサッカーの技術向上につながるようになっており、楽しみながら老若男女問わず、サッカーに親しむことが出来るようになっているという。

そして、前述の公式戦前イベントには世界初のサッカーヒーロー「蹴球リベラー」も登場! プロさながらのサッカーの技を披露し、球技場中を大いに沸かせると、子供達とボールで触れ合いながら、サッカーの楽しさを伝えた。子供達は突然のヒーロー登場に驚きながらも、ボールを通じて触れ合い、笑顔いっぱいとなったことは想像に容易いだろう。なお、同イベントのティザー映像は現在、横浜FCのホームページに掲載されている。

「蹴球リベラー」は元Jリーガーの横山博敏氏が中心となり誕生。試合に出られない、ベンチに入れない子供達が、サッカーに苦手意識を持ってしまうことがある。そんな子供達に、アツいプレイを通じてサッカーの面白さを改めて伝え、普及に努めていくのが彼の使命とのことだ。

この新しいヒーローは今後、全国の様々なイベントに登場するほか、サッカープレイの必殺技も披露していくという。今後の展開に期待したい。

  • minp!音楽ニュース(2015年04月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's