エンタメ情報まとめ minp!

「ブチ上がる、その上へ」柏CITYハードコア代表kamomekamome新作インタビュー

●あと、6曲目「髪を結った部屋」でのいきなりドラムで始まる流れとか、非常にかっこいいですね。

嶌田 今回は俺イントロにすげえこだわったんですよ。この曲はドラムで始めたいと思ったし、「エクスキューズミー」は歌で始めたいと言ったんですよ。「ハンズフリーからのお知らせ」のイントロのアイデアも俺が出したし、今回はその辺にもこだわった感じはありますね。自分で聴いたときにハッとするだろうし、冒頭でドキッとする感じを1曲1曲で出したくて。今回はビックリ箱的要素を入れたかったというか、ある意味、前作で物足りなかった部分も解消できたんじゃないかなと。

向達郎(ヴォーカル)(以後向)(遅れて登場) 音源どうでした?


●1st、2ndアルバムのいいところを抽出しつつ、ネクスト・レベルに突き抜けた最高傑作だと思います。

向 嬉しいなあ。バランスもいいでしょ? それができて良かったなって。


●賢三さんとの歌の絡みは、どうですか?

向 賢三の加入は、ほんとに新しい武器を手に入れたなと思って。僕が思った以上に彼はいい仕事をしてくれましたね。


●向さんと賢三さんが揃ったことで、よりハードコアの軸が太くなった印象も受けますが。

向 うん、やっぱり琴線が似ているというか。歌は俺が全部作っているんだけど、「あっ、かっこいいね」と思うところが一緒なんだよね。


●もはやツイン・ヴォーカルと言ってもいいスタイルだし、個人的にはヌンチャクっぽい雰囲気も浮上してきたなと。

向 うん、ヌンチャクだったり、スイッチ・スタイルだったりね。スイッチ・スタイルもツイン・ヴォーカルだったから。最初はベーシストというより、ヴォーカリストとして迎えたかったしね。俺は賢三の声が大好きだし、大ファンだから。そんな人と一緒にできるなんて、最高じゃないですか(笑)。


●ヴォーカルに関して、何か思い描いたイメージはありました?

向 ブチ上がる、その上みたい感じかな(笑)。


(TEXT:荒金良介)

  • minp!音楽ニュース(2010年06月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's