エンタメ情報まとめ minp!

それでも世界が続くなら、新作アートワーク&新曲「思考停止」記録映像を公開

それでも世界が続くならがニューアルバム『僕は透明になりたかった』のアートワークをオフィシャルHPで公開した。

ジャケットには過去全作品と同様に、ミュージックイラストレーターアワード2013大賞を受賞した、おおはましのぶ氏が担当。鉛筆だけで描かれた儚げな少女の表情と初期衝動が混在する、透明感と違和感が同居した異彩のイラストレーションは、彼らの音楽の世界を奥深く表現している。

また、アルバム収録曲「思考停止」の先行記録映がYouTubeにて公開された。彼らの住む千葉の街のスタジオ風景をマネージャーがスマートフォンで撮影したという映像は、彼らのリアルな日常を切り取った映像となっている。また3月25日より、歌ネットでは「思考停止」の歌詞を独占先行掲載。こちらも記録映像と併せてチェックすることで、彼らの持つ言葉の魔力をより体感できるだろう。

そして今回解禁された動画とは別に、それでも世界が続くならは現在ニューアルバムのMusic Videoの制作を開始しているとのこと。そのドキュメントタッチで描かれるドラマパートでは、エキストラ出演者の募集を開始した。詳細は日本クラウンのHPで確認できる。

さらに、約1年ぶりとなるワンマンツアーの情報も解禁。ワンマンツアープレイベントも、3月26日よりチケット先行発売を開始する。万人受けする音楽とは懸け離れた異形の深化を遂げる彼ら、だからこそ彼らの言葉と轟音の渦を、少しでも多くの人に体感してほしいと思う。

■歌ネット「思考停止」歌詞先行掲載ページ
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=182652

「思考停止」先行記録映像
https://youtu.be/7cltuGTJO_c

アルバム『僕は透明になりたかった』

2015年5月13日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40408/¥3,056+税
【通常盤】(CD)
CRCP-40409/¥2,593+税
<収録曲> ※初回限定盤/通常盤共通
01.晴れた日の教室
02.思考停止
03.響かない部屋
04.リサイクル
05.解離と労働
06.分裂
07.小さな虐待
08.早朝
09.どうでもいい
10.自殺志願者とプラットホーム
11.聞こえない声
<DVD収録内容> ※初回限定盤のみ付属
2014年12月20日 下北沢Club Queでのワンマンライブ映像を収録
・解離と労働
・痛くない
・シーソーと消えない歌
・この世界と僕の話
・どうでもいい
・水色の反撃
・unknown
・奇跡

【ライブ情報】

■それでも世界が続くなら ワンマンツアー「半透明な帰宅」帰宅前夜プレイベント「部屋と教室」
5月03日(日)  下北沢club Que
出演:それでも世界が続くなら/ゲスト有
※4月4日 22:00 ゲスト解禁

■それでも世界が続くなら ワンマンツアー「半透明な帰宅」
6月20日(土)  愛知・名古屋MUSIC FARM
6月21日(日)  大阪Fireloop
6月23日(火)  福岡Queblick

  • minp!音楽ニュース(2015年03月25日)
  • 制作協力:okmusic UP's