エンタメ情報まとめ minp!

『ここさけ』4人のメインキャラクターとボイスキャストが発表に

2015年3月21日(土)東京ビッグサイトで開催の“AnimeJapan 2015”にて、“映画『心が叫びたがってるんだ。』スペシャルステージ”が実施され、4人のメインキャラクターとボイスキャストの発表が行われた。


『心が叫びたがってるんだ。』は、2013年8月に公開され大ヒットを記録したアニメ『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の制作チームが贈る新プロジェクトとして、2015年9月19日(土)に全国公開となるオリジナルアニメ映画。気になるメインキャラクターとキャストは、言葉を封印された少女“成瀬順”(CV:水瀬いのり)、本音を言わないエアーな少年“坂上拓実”(CV:内山昂輝)、恋に悩むチアリーダー部の優等生“仁藤菜月”(CV:雨宮天)、やさぐれてしまった元野球部エース“田崎大樹”(CV:細谷佳正)となっている。

現在YouTubeでは、映画の特報映像(https://www.youtube.com/watch?v=Bn_26bzYI3M)が公開中。その他、作品の詳細については、公式サイト(http://kokosake.jp)を参照されたい。そしてこの度、前述のスペシャルステージのレポートも到着している。


<AnimeJapan 2015 「映画『心が叫びたがってるんだ。』スペシャルステージ>

日時:3月21日(土)10:45-11:20
場所:東京ビッグサイトレッドステージ

クリエイターたちが本作について語る初の機会となるステージは、期待に胸を膨らませた『あの花』ファン2,000人で満席に。開演前から熱気あふれる会場に、長井龍雪(監督)、岡田麿里(脚本)、田中将賀(キャラクターデザイン)、清水博之(プロデューサー/アニプレックス制作部長)が登場。本作が誕生したきっかけについて、長井監督は「『あの花』の劇場版をつくっている辺りから、新作の話しがあがっていて、またこの3人で一緒にやりたいなと思っていたので嬉しかった」と語った。また「企画を立ち上げたときに決まっていたのは、主人公たちの年齢を『あの花』と同じにするということ位だったので、最初はSFにしようとか色々なアイデアが上がっていました。

企画は3人で居酒屋とかで色々なアイデアを出して、最終的にプロデューサーとも話し合いこの形なりました」と、3人は本作誕生の秘話を明かしました。また『あの花』に続き、舞台を秩父にしたことについて、「色々な場所の候補があったのですが、『あの花』で何度も秩父に足を運ぶ機会があり、秩父のよさを改めて実感したので、今回もこの地を舞台にすることに決めました」と語りました。

その後、ついに待望の4人のメインキャラクターとボイスキャストが発表!本音を言わないエアーな少年:坂上拓実(さかがみたくみ)役に内山昂輝。恋に悩むチアリーダー部の優等生:仁藤菜月(にとうなつき)役に雨宮天。やさぐれてしまった元野球部のエース:田崎大樹(たさきだいき)役に細谷佳正。そして、主人公、言葉を封印されてしまった少女:成瀬順(なるせじゅん)に水瀬いのりがスクリーンに映し出されると観客のテンションは最高潮に。そして、シークレットゲストとして、主人公・順役の水瀬いのりが舞台に登場!!観客からは拍手喝采が巻き起こりました。これからアフレコが始まるという水瀬は、本作に対する意気込みを熱く語り、オーディション以来、初めて水瀬にあったという3人のクリエイターは「水瀬さんに今日会って、順のイメージがまた広がった」と制作への想いをより強めました。

その後、本邦初公開となる特報映像がお披露目され、初めて観る本作の映像に会場は大盛り上がりに。最後に「みんなの心に響くような、泣ける作品になりますので期待していてください」(清水プロデューサー)、「こういうイベントごとに気持ちが新たになる。腹をくくってがんばろうという気持ちです」(田中)、「このスタッフ、応援してくれるファンの皆様と、また一緒にやれる喜びを感じています」(岡田)、「心に想ったことを表にうまく出せない人々の気持ちが、本作のテーマです。心を込めて精一杯つくっていきます」(長井監督)と、それぞれの想いを語り、温かな拍手とともにステージは幕を閉じました。


(C)KOKOSAKE PROJECT

  • minp!音楽ニュース(2015年03月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's