エンタメ情報まとめ minp!

国内外のクラブシーンを代表するアーティストが東京のウォーターフロントに集結「AUDIO:Tokyo Electronic Music Festival」開催

7月17日に東京・ウォーターフロント晴海客船ターミナルにてデトロイト、マイアミ、バルセロナ、ベルリンなど世界のクラブミュージック発信都市のアーティストが一堂に会し「AUDIO:Tokyo Electronic Music Festival」を開催することが決定した。

このイベントには、Octave One(Live)、Daniel Bell、Doc Martin & Sub Level (Live)、Sub Level(Live), Sound Pellegrino Thermal Team, Xavier Morel & Virgil Enzinger, Reset Robot (Live), Anti Popなど、世界から熱い注目を集める海外アーティストとDJ KRUSH, DEXPISTOLS, THE SAMOS, BREMENなど、日本のクラブシーンを代表するアーティストが多数出演する。

当日は、iFlyer Aquarium、LOFT、WOMB Annexからなる3つの屋内アリーナと東京湾を一望できる開放的な屋外ステージが設置される予定。屋外ステージでは、世界最高峰のサウンドシステムFunktion Oneを搭載し、スタイリッシュなステージデザインの中、世界に名を馳せるアーティスト達のパフォーマンスが堪能できる。

なお、この一大イベントのお得な早割券が、限定で現在発売中。5月14日までの販売となるこの早割券は残りわずかとのことなのでお見逃し無く。


【イベント概要】
AUDIO:Tokyo Electronic Music Festival
日時:2010.07.17 (土) OPEN12:00-翌日05:00
晴海客船ターミナル
東京都中央区晴海5-7-1

【チケット情報】
早割券 4,000円(04/17〜05/14発売)
前売券 5,800円(05/15〜07/16発売)
当日券 7,000円

  • minp!音楽ニュース(2010年05月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's