エンタメ情報まとめ minp!

SuG、FC限定“サグの日”ワンマンに療養中の武瑠(Vo)がサプライズ登場!

SuGファンにとって特別な“サグの日”=3月9日(月)、恵比寿LIQUID ROOMでFC限定の『BLACK』レコ発ワンマンライヴ「SuG感謝祭 レコ発記念ライブ -3月9日は"SuGの日"」が開催された。

ヴォーカル・武瑠が慢性扁桃炎の手術で療養中のため、当日のライヴは彼が不在でスタート。2部制で行なわれた1部ではメンバーがそれぞれパートチェンジをし、さまざまなアーティストのカバーを聴かせた。普段見られないメンバーのパフォーマンスで会場を爆笑の渦に巻き込むと、2部ではSuGの楽曲を、武瑠のヴォーカル音源を流して生演奏。 ライヴの人気曲「gr8 story」「R.P.G.~Rockin' Playing Game」「小悪魔Sparkling」「不完全Beautyfool Days」を立て続けに披露。その後、「☆ギミギミ☆」「B.A.B.Y.」では完全にインストでライヴをする中、集まったファンが一斉に大歌唱して会場に一体感が生まれる。そして、「mad$hip」「heavy+electro+dance+punk」「39GalaxyZ」はメンバー4人全員で歌って演奏。“サグの日”らしいレアなライヴで本編は終了した。

アンコールに入ると、メンバーが1人1人ステージに登場。最後にサプライズで療養中の武瑠がギターを抱えてステージに上がると、活動再開を待 ちわびていたファンから盛大な声援が贈られた。まだ完全に歌うことができない武瑠はギターを担当し、メンバーそれぞれ楽器のパートをチェンジした「LOVE SCREAM PARTY」を披露。するとサプライズで登場した武瑠からMCが。

“外を歩いたのがまだ2日前なのですが、久しぶりなので皆の熱気にやられています。声は喋れるぐらいには回復しました。心配を掛けてごめんな さい”と今回の療養に関して触れると、“自分たちが未来を信じて作った最高のアルバム『BLACK』が皆に届いて嬉しいです”と先週リリースになったニューアルバムの話に。“この先も新生SuGやばいよって皆が広めてくれて、どんどん広がっていくと信じています。8年間SuGをやっていて今回のような色んな壁があって、その度諦めそうになって、叶えられなかった夢も沢山あるし、今のSuGには無理だと諦めた事も沢山あるけど、その分これから叶えたい夢だったり実現したい想いが沢山あるという事だと思うので、その1つ1つを皆と一緒に叶えて行きたいなと思っています。まずは最高のアルバムを持ってのツアー、ファイナル7月26日渋谷公会堂、今までのSuGを詰め込んだアルバムで今しか出来ない最高にカラフルな景色を皆と一緒に作りたいと思います”と話し、4月からスタートする「SuG TOUR 2015『BLACK』」の未発表だったファイナル公演を7月26日に渋谷公会堂で行なうことをサプライズ発表した。

続けて、同パートで「CRY OUT」を演奏。最後は集まったファンに武瑠が涙を滲ませながら再度メッセージを送った。“挫けそうになった自分を励ます為にアルバム『BLACK』を作りました。映像も撮りました。小説も書きました。デザインもしました。曲も書きました。それでもこの1個1個が前向きに強くなれるチャンスだと思っています。昨年復活したとき武道館でライブがやりたいと思いましたが、今のSuGじゃ無理でした。皆と一緒で俺たちは弱くて完璧じゃないし、すぐ立ち止まるし、壁に打ち当たるけど、こんなSuGが夢叶えたら、もっともっとみんなに勇気を与えられると思っています。いつか一緒に武道館ライブやりましょう!”と高らかに宣言し、サグの日のライヴは終了した。

  • minp!音楽ニュース(2015年03月11日)
  • 制作協力:okmusic UP's