エンタメ情報まとめ minp!

『銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)』の主題歌を歌うスペシャルユニットの公式インタビューが到着!

第2巻まで発売中の原作コミックスの累計発行部数が100万部を突破、キャラクターCDは8タイトルが全てオリコンチャートの上位にランクインするなど快進撃が続いている国擬人化コメディ「ヘタリア Axis Powers」。現在アニメ第3期が好評配信中となっているこの話題作の劇場版『銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)』が6月5日より全国ロードショーとなります!


諸君、緊急事態だ!

ある日、世界中で謎の怪事件が発生し、人類は滅亡の危機に直面した。
アメリカは緊急の国際会議を開き「俺の指揮下で世界を救おう」と熱弁する。

ところが、いつものように、会議にあつまったフランス、イギリス、ドイツ、日本、ロシア、イタリア、(カナダ)の足並みはそろわず、バラバラに動きだしてしまう。

世界平和を望む気持ちは変わらない。

しかし、怪事件の裏に動く強大な存在を前に、それぞれの力はあまりに小さく、無力だった。

彼らの運命やいかに!そして、彼らは世界を救うことができるのか?


そしてこの度、『銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)』の主題歌を歌う枢軸&連合のスペシャルユニット、その名もワールド8(仮)(!!)のキャストによるレコーディング直後のインタビューも到着しました!

--------------------------------------------------------

『「銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)」主題歌歌唱インタビュー(抜粋)】

【イタリア役 浪川大輔さん】
——実際に歌ってみていかがでしたか?
浪川さん:歌う機会がそうそうない曲調だったのですが(笑)…でも、歌ったら歌ったで『ヘタリア』の世界観に凄く合っているなという印象を受けたので、楽しくレコーディングを終えることが出来ました。

——歌う際に難しかったところ、気を付けた点を教えてください。
浪川さん:最初に詞を見た時にビックリしました(笑)。ただ皆さんに聞いてもらったり、歌詞カードを見てもらえると僕が答える必要がないくらい直ぐに分かってもらえると思うんですけど。読めば分かる!聞けば分かる!という感じです。前向きな歌だなという印象を受けました。難しかったとか、一番時間がかかったなという所は、間奏の部分ですね。
キャラクターが個性豊かで、みんなキャラクター通りに歌っているのがいいなって改めて思いましたね。

——さて、劇場版『ヘタリア』公開に向けて期待や意気込みを聞かせてください。
浪川さん:今まで5分の物語をずっとやらせてもらってきたので、(劇場版は)スタッフもキャストも未知の領域だったので、短い5分の話が90分…18話一挙放送!という感じに続いたら嫌ですから。それが今回劇場版をやる大きな意味というか挑戦なのかなと。
きっとその勢いがある楽しい作品になると思うんですが、台本の厚さがビックリするくらいあるので、息切れしないようにやって、見ている人も5分に感じるくらい(笑)、あっという間に感じてもらえるくらいの勢いとテンポのある感じになったらいいなと思います。

----

『銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)』

6月5日よりシネマサンシャイン池袋ほかにて全国ロードショー!!


(C)2010 日丸屋秀和・幻冬舎コミックス/銀幕ヘタリア製作委員会

  • minp!音楽ニュース(2010年05月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's