エンタメ情報まとめ minp!

木村カエラ、5年ぶりのライブハウスツアーがいよいよ開幕

3月6日、東京 赤坂BLITZを皮切りに木村カエラの5年ぶりとなる全国ライブハウスツアー『MITAI KIKITAI UTAITAI』がスタートした。

開演の3時間前から会場の外は長蛇の列。先行販売されるツアー限定グッズ目当てはもちろんだが、1,600人規模のライブハウスというまさに超接近戦で木村カエラのパワーを感じるライブは久しぶりとあって待ちきれずに漏れ聞こえるリハーサルの音に耳を傾けていた。

19時を少しまわったところ、2階席も含めまったくの隙間がないほどにぎっしりと詰まった客席。ステージが暗転した瞬間、会場が揺れるほどの歓声で迎えられたカエラ。ライトに照らされた彼女の髪は緑色に光り輝いていた。

2年ぶりとなったオリジナルニューアルバム『MIETA』から、そして10周年をテーマにベストアルバムから選曲された代表曲の数々がたたみかけるようにファンへ届けられる。『MIETA』から演奏された「OLE!OH!」ではカエラのフリを完全にマスターしているファンたちが<OLE!OH!>のサビで一糸乱れぬ手フリ。同じく『MIETA』からの「TODAY IS A NEW DAY」は突き抜けるカエラの歌声に呼応してファンは天井高く手を掲げ全身で音を受け止めていた。

ベストアルバム『10years』からは、否が応でも会場の熱気が最高潮に達する「TREE CLIMBERS」「マスタッシュ」へと続き、カエラもファンもフルスロットルでその空間を共有し楽しんでいるようだった。20曲を超えるこれまでとこれからのカエラが詰まったライブはあっという間にアンコールまで駆け抜けた。ニューアルバム『MIETA』の世界観とベストアルバムからの代表曲の融合が実に絶妙で、一気に気持ちが解放される高揚感、疾走感あふれる楽曲群と、対照的にカエラならではのファンタジー空間に誘われる楽曲群の調和が最高に気持ちいい。そしてなんといっても、ふり幅が極端に広いそれらの楽曲たちを時に激しく、時に優しく届けるカエラの歌声と表現力の豊かさが圧倒的。ライブハウスだからこそ感じることができる、カエラの息づかいまでもがライブ演出に思えるくらいに彼女のパフォーマンスに魅了された。横浜アリーナではロックの日とポップの日に分けて2日間のライブがおこなわれていたが、縦横無尽にジャンルレスに歌い表現する彼女の魅力はこのツアーで余すことなく堪能できるだろう。
 
6月23日、カエラのデビュー記念日にツアーのファイナルとして選ばれた下北沢シェルターまで、3か月に及ぶ全国ツアーが遂に始まった。

木村カエラ ライブハウス TOUR 2015「MITAI KIKITAI UTAITAI」

3月15日(日) 静岡県 Live House浜松窓枠 
3月20日(金) 兵庫県 神戸チキンジョージ 
3月21日(土) 京都府 KYOTO MUSE 
3月28日(土) 福島県 郡山Hip Shot Japan 
3月29日(日) 宮城県 仙台Rensa 
4月04日(土) 熊本県 熊本B.9
4月05日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL 
4月11日(土) 香川県 高松オリーブホール 
4月12日(日) 広島県 CLUB QUATTRO 
4月28日(火) 新潟県 新潟LOTS 
4月29日(水) 石川県 金沢EIGHT HALL 
5月16日(土) 福岡県 Zepp Fukuoka 
5月23日(土) 北海道 Zepp Sapporo 
5月29日(金) 愛知県 Zepp Nagoya 
5月30日(土) 愛知県 Zepp Nagoya 
6月05日(金) 大阪府 Zepp Namba(OSAKA) 
6月06日(土) 大阪府 Zepp Namba(OSAKA) 
6月12日(金) 東京都 Zepp Tokyo 
6月13日(土) 東京都 Zepp Tokyo
6月23日(火) 東京都 下北沢SHELTER
(デビュー記念日/ツアーファイナル)

  • minp!音楽ニュース(2015年03月09日)
  • 制作協力:okmusic UP's