エンタメ情報まとめ minp!

「宇宙戦艦ヤマト2199」劇判と同じ編成によるコンサート開催

2015年2月28日(土)と3月1日(日)の2日間、舞浜アンフィシアターにて“宮川彬良Presents『宇宙戦艦ヤマト2199』コンサート2015”が開催された。

2012年に劇場でのイベント上映からスタートした『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズの音楽を担当し、オリジナル、アレンジ、新曲の3つのアプローチから新たなる“ヤマトサウンド”を作り上げた宮川彬良。今回は、第1部では『追憶の航海』、休憩を挟んだ第2部では『星巡る方舟』から楽曲をセレクトし、60名の〈劇判を収録したミュージシャン〉による〈劇判と同じ編成〉の〈生演奏〉が披露された同コンサートのレポートをお届けする。

なお、同コンサートの模様を収めたBlu-ray AudioとCDがそれぞれ6月10日にリリース。気になる人はこちらのチェックもお忘れなく。


●ヤマトの航海を音楽で追体験

第1部。オープニングを飾ったのは弦と管楽器による落ち着いた曲調の「銀河航路BG」。2曲目は、美しいスキャットで知られるYuccaさんが登場する「無限に広がる大宇宙」。そして「夕日に眠るヤマト」「地球を飛び立つヤマト」と続く。まさにヤマトの航海が始まるシーンを再現した。中盤では、約40名の混声合唱団によるガミラス国家「永遠に讃えよ我が光」、ドメルとの死闘を中心にした「コスモタイガー(Wan・Dah・Bah)」「ヤマト前進」「ヤマト渦中へ」も演奏され、気持ちは否応なしに盛り上がっていく。ラストにはデスラー、スターシャの心情を描くシーンにて使用された「孤高のデスラー」「虚空の邂逅」が演奏され、ヤマトは無事イスカンダルに到着し第1部は幕を閉じる。

第2部は、第一バイオリンのソロが美しい「宇宙戦艦ヤマト2199 メインテーマ」でスタート。しかしその直後、ティンパニの迫力が迫る「蛮族襲来」で空気は一変。その後、「ジレルの囁き」では橋本一子さんが登場。多くの方が記憶の中から溢れ出る『星巡る方舟』のストーリーやシーンと重ねていたのではないだろうか。第2部終盤に用意されていた曲は、「大決戦ーヤマト・ガミラス・ガトランティスー」「方舟は星の海へと還る」「わかれ」「わかれー出航ー」。これは『星巡る方舟』の本編終盤で使用された曲順と同じ。こうなると客席に座ったファンの胸が熱くならないわけがない。そして、混声合唱団にYuccaさんと橋本一子さんが加わった「Great Harmony ~for yamato2199」の最後。組み込まれた「大志」のフレーズに合わせスクリーンに映された地球。その色が青く変わるのを見て、胸だけでなく目頭を熱くした方も少なくはなかったはずだ。

アニメブームを作った『宇宙戦艦ヤマト』は、アニメが映像作品としてだけなく音楽だけでも楽しめる基盤を作った作品でもあった。あれから40年、今回のコンサートは、『宇宙戦艦ヤマト2199』の音楽がより多くの方に伝わり楽しんでもらう新たな一歩になったのではないだろうか。


(C)西■義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
※■は「立つ崎」

  • minp!音楽ニュース(2015年03月03日)
  • 制作協力:okmusic UP's