エンタメ情報まとめ minp!

フライング・ロータス、トム・ヨーク参加で話題のニュー・アルバムをリリース

トム・ヨークがヴォーカルとして参加したことで話題の「...And The World Laughs With You ft. Thom Yorke」を収録したフライング・ロータスの3枚目のオリジナル・アルバム『Cosmogramma』が、4月21日(水)にリリースされた。

本作ではトム・ヨークのほかにも、サンダーキャット(Bass)、ローラ・ダーリントン(Vo:ロング・ロスト)、ドリアン・コンセプト(Beat Programming)といった盟友をはじめ、実の従兄弟で、ジョン・コルトレーンとアリス・コルトレーンの次男ラヴィ・コルトレーン(Sax)、ビルド・アン・アーク等に参加しているハープ奏者レベッカ・ラフ、エリカ・バドゥやアウトキャストのアレンジで知られるミゲル・アトウッド・ファーガソン(Strings)らがゲスト参加しており、ジャズ、ヒップホップ、ハウス、テクノ、エレクトロニカ、ロック、トライバル等幅広い音楽を内包しながら、音楽の新たな可能性を示した。前作『Los Angeles』(08年)ではポーティスヘッドが音作りで影響を受けたことを公言し大絶賛しており、“J・ディラ以降”と言われるアーティストの中でもとりわけ高い評価を受けてきた印象のあるフライング・ロータスだが、今回、J・ディラ後継者への期待値を優に超え、新しい世界観を聴き手にもたらすことに成功している。


また、フライング・ロータスは5月28日(金)東京 西麻布eleven、5月29日(土)大阪 TRIANGLE、5月30日(日)金沢 MANIERの日程で、自身のレーベル名をイベント・タイトルにしたツアー『FLYING LOTUS presents BRAINFEEDER』を開催するので、こちらにも期待したい。自身がヘッドライナーとなるジャパン・ツアーは今回が初となる。

  • minp!音楽ニュース(2010年04月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's