エンタメ情報まとめ minp!

te'、6月に発売される新作アルバムからLIVE PVを配信開始!

9mm Parabellum BulletやPeople In The Boxを輩出している【残響record】を立ち上げたバンドとしても知られているte'が、新曲「決断は無限の扉を開くのでは無く無限の誤謬に『終止符』を打つ。」のLIVE PV試聴をスタートした。

この新曲を含む全12曲収録予定の4thアルバム『敢えて、理解を望み縺れ尽く音声や文字の枠外での『約束』を。』は、ネクスト・ステージへ向かうべく、【徳間ジャパン】とタッグを組み、6月2日(水)にリリースされる。

アルバム発売後の全国ツアーや夏フェスへの参加も予定されているが、新作リリースに先駆け、5月5日(水)新木場 STUDIO COAST『心響(HIBIKI)sound museum vol.1』、6月9日(水)渋谷O-WEST『Easel presents“te' VS world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL”』へのイベント出演も決定している。


【リリース作品情報】
te'『敢えて、理解を望み縺れ尽く音声や文字の枠外での『約束』を。』
2010年6月2日(水)発売
TKCA-73530/2,800円(税込)

【収録曲】
1.決断は無限の扉を開くのでは無く無限の誤謬に『終止符』を打つ。
2.人々が個を偉人と称する時が来れば彼は既に『傀儡』へと変わる。
3.天涯万里、必然を起こすは人に在り、偶然を成すは『天』に在り。
4.夜光の珠も闇に置けば光彩を放つが白日に曝せば『魅力』を失う。
5.秤を伴わない剣は暴走を、剣を伴わない秤は『無力』を意味する。
6.性は危険と遊戯を、つまり異性を最も危険な『玩具』として欲す。
7.勝望美景を愛し、酒食音律の享楽を添え、画に写し『世』に喩え。
8.自由と孤立と己とに充ちた現代に生きた犠牲として訪れる『未来』
9.善と悪、賞と罰は理性にとって唯一の動機であり『手綱』である。
(他、全12曲収録予定)

  • minp!音楽ニュース(2010年04月19日)
  • 制作協力:okmusic UP's