エンタメ情報まとめ minp!

Jazztronik、YUKIをヴォーカルに迎えた映画主題歌を担当

今年10月公開の映画『死刑台のエレベーター』の主題歌をJazztronik(=野崎良太)が担当し、楽曲はヴォーカルにYUKIを迎えた新曲「ベッドタイムストーリー」であることがわかった。

Jazztronikが映画主題歌を担当するのは初めてのことで、一方のYUKIにとっては今回がフィーチャリング参加となる。

そのきっかけとなった映画『死刑台のエレベーター』は、1957年に発表されたフランス映画のリメイク版。哀感漂うモノクロームの映像、マイルス・デイビスによる伝説の即興演奏、ジャンヌ・モローとモーリス・ロネ演じる危険な愛の関係・・・等さまざまな観点から名作として語り継がれ、ヌーベルヴァーグの鬼才監督として名高いルイ・マルの鮮烈なデビュー作にして最高傑作と謳われている。
今回リメイク版を演じるのは、吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう、柄本明といった人気・実力派俳優が名を連ねており、早くも話題になっている。

禁断の愛に運命を狂わされていく男女の悲劇、極上のクライム・ラヴストーリーがJazztronikとYUKIによる主題歌と共に届けられるという、“初”ものづくしの映画と音楽をお楽しみに。


【映画情報】
2010年10月9日公開 映画『死刑台のエレベーター』
監督:緒方明
出演:吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう、柄本明 他

  • minp!音楽ニュース(2010年04月16日)
  • 制作協力:okmusic UP's