エンタメ情報まとめ minp!

坂本真綾デビュー15周年を記念した武道館ライヴの公式レポが到着!

自身の誕生日である2010年3月31日(水)にリリースされたベストアルバム『everywhere』がオリコンチャート3位を記録した坂本真綾。今年でデビュー15周年を迎える彼女が、ベストアルバムの発売日に行った日本武道館でのSPECIAL LIVEのオフィシャルレポートが到着しました!

1万3千人を動員したという彼女初の武道館ライヴ。その感動と興奮が伝わってくるレポートとなっています!

--------------------------------------------------------

坂本真綾 〜15周年記念LIVE「Gift」〜

 坂本真綾の約1年ぶりのライブは、30歳の誕生日を日本武道館で祝う大パーティ。ステージ中央に置かれたBOXが吊り上げられていくと、中から赤いリボンのキュートな衣裳に身を包んだ彼女が姿を現す。今回のライブのタイトルは「Gift」。坂本真綾自身がプレゼントになり、武道館に集まった1万3千人に歌を捧げていく。
 1曲目はライブタイトルと同名の「Gift」。2曲目の「Feel Myself」、3曲目の「プラチナ」と、序盤の3曲はどれも10代の頃に発表した楽曲。すっかり大人になった彼女が、ゆったりとした落ち着きのあるボーカルを響かせる。アップテンポな「プラチナ」は、曲の進行とともにボーカルも演奏も強くなり、熱を帯びていく。

同日に、本人が厳選された30曲を収録した初のベストアルバム「everywhere」をリリース。ライブの選曲も「everywhere」収録曲がメインとなった。バンドはギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッションに、4人のストリングスと2人のコーラスを加えた編成。曲と曲の間合いをしっかり取り、性急に盛り上げるのではなく1曲1曲を丁寧に聴かせようとする意図がくみ取れる。
 ステージは360度どこからでも彼女の姿が見えるようにセッティング。シリアスな「ヘミソフィア」をステージ中央にしっかりと立って熱唱したかと思えば、グルーヴがある「ユッカ」などではステージ後方のキャットウォークを歩きながら歌い、観客と1,2メートルの距離にまで接近する。
 中盤の衣裳チェンジでは、白いロングドレスで登場。「普段は絶対に着ない衣裳を着ています」とMCで笑う。会場から「かわいい!」と歓声が上がると、「もっと言え」と男らしい(?)リアクション。
 場内が最も驚きに包まれたのは、ゲストとして菅野よう子が登場した時だ。菅野のピアノに導かれ、代表曲や初演奏の9曲を繋いだメドレーを披露した。ステージから菅野を送り出すと、今度はギターを握り、「Get No Satisfaction!」を演奏。
 アンコールでは2人目のゲスト・鈴木祥子がドラマーとして登場。「風待ちジェット」「マジックナンバー」をプレイする。ライブの最後を飾ったのは、最新曲の「everywhere」とライブの定番曲「ポケットを空にして」。「everywhere」は、坂本自らのピアノ演奏でしっとりと、「ポケットを空にして」は、アコーディオンを抱えた菅野よう子らとともに、ステージを行進しながら楽しく歌われた。そして、「30代も幸せになります!」という彼女らしい宣言のもと、約3時間にわたるバースディライブが幕を閉じた。

----

2010.3.31 ON SALE

坂本真綾『everywhere』

・初回盤(DVD付)
品番:VTZL-15
価格:3,780円(税込)

・通常盤
価格:VTCL-70001〜2
価格:3,780円(税込)

発売元:フライングドッグ
販売元:ビクターエンタテインメント

  • minp!音楽ニュース(2010年04月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's