エンタメ情報まとめ minp!

DIR EN GREY、ハリウッド映画の日本版イメージソングに

6月12日(土)に公開される「マスター・オブ・ホラー」ことジョージ・A・ロメロ監督の最新作『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の予告編が公開され、世界的な人気を誇るロック・バンドDIR EN GREYの楽曲が日本版イメージソングに使用されている事が判った。

今回発表された予告編には、最新作『UROBOROS』収録曲の「VINUSHKA」が起用され、曲の持つ疾走感や重低音の激しいリズムが、作品の終末感とマッチし迫力満点の映像に仕上がっている。

ロメロ監督といえばゾンビ映画の第一人者として知られる“伝説のフィルムメーカー”として『スパイダーマン』のサム・ライミや『イングロリアス・バスターズ』のクエンティン・タランティーノなどのハリウッドの一流監督を筆頭に、日本のクリエイターたちにも多大なる影響を与えている人物で、以前から監督のファンであったというDIR EN GREYのメンバーは
「ジョージ・A・ロメロ監督の作品はいつも楽しみで、特に『〜オブ・ザ・デッド』のシリーズは最高ですね。ゾンビの怖さよりも人間の怖さのほうが強調されている創りにいつも関心させられます。新作の『サバイバル・オブ・ザ・デッド』はまだみられていないですが、劇場公開を楽しみにしています」とコメント。

一方、監督本人も「DIR EN GREYのような才能と人気を持つバンドが私のファンであり、また私の最新作『サバイバル・オブ・ザ・デッド』のリリースに関わってくれることをとても光栄に思う」と語っている。

DIR EN GREYの「VINUSHKA」をフィーチャーした予告編映像は、映画公開に先駆け4月7日(水)13:00よりYahoo! 映画「話題の映画」にて独占公開、続いて4月10日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか一部劇場でも解禁される。

  • minp!音楽ニュース(2010年04月06日)
  • 制作協力:okmusic UP's