エンタメ情報まとめ minp!

AI、アフリカ出身のHip Hopシンガー「ケイナーン」とコラボ

今年6月に行われる「2010 FIFAワールドカップ」の開催の地、アフリカ出身のHip Hopシンガーにしてサッカー親善大使のケイナーンと、AIが初のコラボレーションを行うことが明らかになった。

今回発表されたコラボ曲「ウェイヴィン・フラッグ コカ・コーラ(R)・セレブレイション・ミックス〜世界に一つの旗 with AI」は、ケイナーンのオリジナル曲「ウェイヴィン・フラッグ」を基に新たに書き下ろされた楽曲に、AIが一部日本語歌詞を付けたもので、日本コカ・コーラ社が4月1日(木)からオンエアするFIFAワールドカップ・キャンペーンTVCM「セレブレイション」篇のタイアップ楽曲に決定している。

現在、ケイナーンがサッカー親善大使として世界各国を旅しているということもあり、レコーディングは別々に行われたが、彼の「曲に対する気持ちを探りたかった」というAIは、電話で会話を交わしてからレコーディングに臨んだという。
リリース日など詳細については明らかになっていないが、AI曰く「ケイナーンの声が最高」で「ソマリア訛りの英語や雰囲気がとってもカッコいい。」とのことだ。

完成した曲を聴いたケイナーン本人も、「この曲は本当にAIというアーティストの個性がはっきり出ていて、本当に素晴らしい曲になったと思う。」と絶賛。「日本でパフォーマンスをすることが楽しみでしょうがない」と語っており、FIFAワールドカップ開催に向け、2人揃っての共演が期待される。

  • minp!音楽ニュース(2010年04月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's