エンタメ情報まとめ minp!

植村花菜インストアライヴで話題の楽曲「トイレの神様」を披露

3月10日にミニアルバム『わたしのかけらたち』をリリースした植村花菜が、アルバムの発売を記念して、3月11日タワーレコード新宿店にてインストアライブを開催した。

祖母との思い出と、自らの経験を元に思春期の複雑な気持ちを歌ったリード曲、「トイレの神様」が、関西のラジオオンエアから火が付き話題の植村、東京でも会場に約250人の観客が詰め掛けた。

「トイレの神様」について植村は「この曲を聴き終わったときに、大事な人が当たり前にそばにいてくれることの大切さ、幸せを改めて感じてもらえると嬉しいです」とコメント。アコースティックギターでの弾き語りで計3曲を披露した。

植村花菜の新作『わたしのかけらたち』は、トータル・プロデューサーに寺岡呼人を迎えた自信作。これまでとは一味違った方向性で作ったというこの作品は、彼女のパーソナルな部分を赤裸々に表現した作品だ。

アルバムのリリースを記念して植村花菜は、各地でのインストアライブ、4月と6月にはワンマンライヴなども開催する予定となっている。

  • minp!音楽ニュース(2010年03月12日)
  • 制作協力:okmusic UP's