エンタメ情報まとめ minp!

6月に『TAICOCLUB'10』で来日するマシュー・ハーバート、3部作第1弾をリリース

サンプリング・ミュージックの鬼才マシュー・ハーバートが、2010年4月7日(水)にアルバム『One One(ワン・ワン)』を発売する。
今年1年を通して、「1人」、「1つ」、「1匹」をテーマに3部作【ワン】シリーズをリリースすることが決定しており、本作はその第1弾となる。

“ある男の人生となる1日”をコンセプトとした本作は、自分自身の1日を記録したサンプル音源を使用し、プロダクションは勿論、自ら演奏し、自らマイクも握りヴォーカルも担当。自分と向き合った結果生み出された歌詞も本作の魅力の1つで、彼が今まで手掛けてきた作品の中でも最もパーソナルなアルバムとなっているとのこと。

ちなみに第2弾『One Club』はドイツのクラブ「the robert johnson club」にてクラブの内外にマイクを多数設置して録音、その音だけで構成され、第3弾『One Pig』は誕生から屠殺され食べられるまでの、ブタの生涯をサンプリングして制作される。

なお、マシュー・ハーバートは6月5日(土)・6日(日)に長野県木曽郡木祖村「こだまの森」で開催される野外フェス『TAICOCLUB'10』にDJセットで来日することが決定している。

  • minp!音楽ニュース(2010年03月13日)
  • 制作協力:okmusic UP's