エンタメ情報まとめ minp!

『「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD第1巻』より、鈴村健一さん、石田彰さんのコメント&写真が到着!

フロンティアワークス発のオリジナル・コンテンツ“(笑)シリーズ”の第2弾『「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD第1巻』が4月21日にリリースされます!

誰もが知っている童話や昔話をリスペクトして贈る今作には、王子様視点で進む「シンデレラ」「白雪姫」「ラプンツェル」の物語に加え、王子様の座談会やキャストトークなども収録予定となっています!

また、ドラマCDに出演する声優:鈴村健一さん、石田 彰さんのコメント&写真も到着。収録を終えての感想や、印象に残っているシーンなど、とても興味深い内容となっています!

--------------------------------------------------------

「王子様(笑)シリーズ」第1巻キャストインタビュー(鈴村健一さん・石田 彰さん)

——収録を終えての感想をお願いします。

鈴村さん:石田さんと2人きりで緊張しました(笑)。『シンデレラ』はともかく、『ラプンツェル』のお話を全く知らなかったので、ビックリしました。台本を読んだ時のイメージを持って収録に来たんですけど、キャラ表を渡されて、こんな感じか…結構、イメージが崩壊したんですけど、隣で石田さんもキャラ表を渡されているのを見て、石田さんの方が崩壊しそうだなと衝撃を受けましたので、自分の方は何とか頑張ってやろうと。石田さん大変そうだからって思って、頑張りました。でも石田さんが見事に演じ切っていたので凄いなと思いました。

石田さん:僕も鈴村君と2人で緊張しました(笑)。キャラ表についてですけど、渡された時に、あまりこれに引きずられないようにと言われたので、あまり見ないようにしようと思ってやりました。元々の童話の目線を王子様に移してみて、王子様が当たり前の王子様ではなく、ちょっと癖のある王子様だったら、こんな話になるのかなというコンセプトの作品なので、「こんな風だったら…」というのを自分なりに拡大解釈をしてしまって、「もっと品のある王子様にして下さい」と言われてしまったのがちょっと残念でした(笑)。確かに頂いたキャラ表見たら、その方がいいだろうとは思ったのですが、キャラ表を見ないでやろうと思ったのが間違いだったと、やりながら気がつきました。一生懸命修正して、キャラ表の見た目に近いというか…元々、童話が作りかえられた作品なので、作りかえられた部分に乗っかりつつ、見た目の素敵さとのギャップがなるべくごまかせるようにという所に苦心してやりました。楽しい作品になっているかと思います。


——印象に残っているシーンなどはありますか?

鈴村さん:『シンデレラ』はこういう話なのかなと僕が勝手に思っていたので、大幅に外れていなかった感じがします。『シンデレラ』ってあまり王子様は関係ないですよね? 長身のカッコいい王子様くらいのイメージがここまで膨らんだというのはいいなと思いました。
『白雪姫』は、よく考えればそうですよね…長い間、息が止まっていて、キスで生き返って幸せでしたなんて言われても、「どうなってるんだ!?」ってなりますからね。白雪姫は実は化け物なんじゃないかなって、誰もが目を逸らしていたことですからね。そんな疑問を真っ向から描いた問題作だなぁって思いました(笑)

石田さん:僕が王子様をやらせてもらった『ラプンツェル』の王子様については、小さい頃に「こういう話として聞きました」という体験がなかったので、主人公であるラプンツェル目線のという基本になる部分がなかったのが幸いして、災いしたのかもしれませんけど、今回の王子様を見て「こういう話だったんだ」と自分の中に刷り込みました。今後、『ラプンツェル』に出会う機会があったら、違和感を感じてしまいそうでそれがちょっと怖いなと思います。でも、それぞれのお話が凄く面白い見方をして作られているので、視聴者的立場として楽しんで台本を読ませて頂きました。色々な意味で面白いことになっていると

——鈴村さんは、童話『シンデレラ』を知っているだけに、先入観のようなものはありましたか?

鈴村さん:僕は、なかったですね。『シンデレラ』ってセパレートされてるじゃないですか。どちらかというとシンデレラの視点で動くし、最後の方にちょっと王子様が出てきて「王子様と結婚しました」って。王子様って幸せの象徴的な感じで描かれているのが原作なので、そういう視点で作品自体が描かれていないので、普通にナマっぽい人として演じる方向でアプローチしました。そんなにやりにくさというのはなかったです。


——今作の中で、個性が光っていた人物をあげるとしたら誰をあげますか?

鈴村さん:僕は『ラプンツェル』の王子が一番、キャラが立っているなと思いましたね。あんな可愛いボヤっとしたフリして、やることはやっているみたいな(笑)。パンチ効いてるなぁと思いました。あんなのに国を任せちゃいけないなと思いました。

石田さん:『シンデレラ』の王子様は、どうして結婚したくないような男の人として捉えたんだろうなと、どこにインスパイアされたの?って思いましたね。元々、そんな傾向ってあったっけ?って、思って。その発想には驚きましたね。どこかしら元々あった部分を膨らませているんじゃないのかなぁ、僕が知らない『シンデレラ』の王子様像というのがあるのかなぁって、それが凄く気になりました。


——ファンの方へのメッセージをお願いします。

鈴村さん:子供の時に枕元でお母さんなりお父さんなり、お婆様かな? いやお姉様かもしれない…色々な人が貴方に囁いてくれた童話・昔話たちが打ち砕かれますよ? どれくらい打ち砕かれるかは、聞いてみてのお楽しみです。是非、買って下さいね。

石田さん:王子様(笑)というシリーズ、皆さんに聞いて頂きたいという気持ちは凄く持っているんですけど…年齢の高い人はいいですよ、好きに買って聞いて下さい。だけど、小さいお子様とかが「あ、童話のCDがある!」と買っちゃうと人生に悪影響を与えると思うんですよ。なので、その点だけ気をつけて頂きたいなと思います。
冗談の分かる大人のためのお楽しみということで、純粋無垢な青少年…もっと小さいお子様たちには危険です。その辺りを分かっていなくて広まってしまうと悪書みたいな形でレッテルを貼られてしまうと大変なことなので、取扱いには重々注意して頂きたいなと思います。


(C)フ

  • minp!音楽ニュース(2010年03月07日)
  • 制作協力:okmusic UP's