エンタメ情報まとめ minp!

ジョニー大倉の幻のアルバムが再発決定

昨年11月に亡くなったジョニー大倉氏を偲び、1983年に発売し現在は入手困難な幻のアルバム『チャイナ・タウンから来た男 -A MAN FROM CHINA TOWN-』を急遽再発が決定した。

1983年4月25日に「CLIMAX RECORDS」レーベル第1弾として発売されたのが、この『チャイナ・タウンから来た男』である。ビートたけし、横尾忠則、アン・ルイス、等の異色作詞家陣、作曲はすべてジョニー大倉が担当した豪華アルバムとなっており、ジャケットイラストは横尾忠則が担当している。1983年に発売されてから、現在に至るまで、再発売されておらず、文字通り幻のアルバムの再発売となった。

今回のCDは、当時のマスターテープからマスタリングを再度施し、音も素晴らしいものとなっており、ジャケットも当時のLPを復元、ファンにとっては懐かしいアルバムとなっている。

また、ジョニー大倉氏の長男 ケンイチ氏が今回の発売についてコメントを寄せているので、そちらも是非ご覧になってほしい。

【ケンイチ大倉 コメント】

「チャイナタウンから来た男」…
幻のアルバムがCDとして蘇るなんて…

父ジョニーもミュージシャンから俳優へと模索していた時の作品…

…いつもと違ったジョニーの魅力(メロディー)と歌声(ボイス)を味わって頂けたら嬉しいです!

アルバム『チャイナ・タウンから来た男(-A MAN FROM CHINA TOWN-)』

2015年1月28日発売
TKCA-74199/¥1,905+税
<収録曲>
01. プローグ 
(作曲:ジョニー大倉・遠山裕/編曲:遠山裕)
02. JUNK CITY 
(作詞:三浦徳子)
03. マタハリ・ジュテーム 
(作詞:阿木燿子)
04. HERE I COME 
(作詞:アン・ルイス)
05. SHOW TIME 
(作詞:三浦徳子)
06. チャイナ・タウン物語 
(作詞:大津あきら)
07. DON'T LET ME DOWN 
(作詞:横尾忠則)
08. ラプソディ・インブルー 
(作詞:東海林良)
09. 逃亡者( FUGITIVE ) 
(作詞:ビートたけし)
10. 黒いジュリアン
(作詞:大津あきら)
11. 愛は死線を越えて
(作詞:阿木燿子)

  • minp!音楽ニュース(2015年01月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's