エンタメ情報まとめ minp!

椿屋四重奏、安達祐実主演の昼ドラ『娼婦と淑女』主題歌に

4月5日(月)から安達祐実主演でスタートするフジテレビ系昼ドラマ「娼婦と淑女」の主題歌に、椿屋四重奏が書き下ろした新曲「いばらのみち」が起用されることが分かった。

「これまでの昼ドラ主題歌の典型を覆す、インパクトのあるテーマ曲」を探していた同ドラマのプロデューサーが、ある時出会ったのが椿屋四重奏の最新アルバム『CARNIVAL』に収録されている「シンデレラ」。歌詞を含む世界観がドラマのコンセプトと合致したことから、今回はその「シンデレラ」を越える楽曲の書き下ろしをオファーしたという。

後日手渡された楽曲のデモを聞いた時は、「ヒロインの安達さんが荒涼とした野原を突き進むイメージが瞬間的に頭に浮かびました。その姿はまさに、血を流しても前へ前へと突き進むジャンヌダルク。楽曲がさらにイメージを膨らませ、物語を支えてくれる核になると確信しました」と、予想以上の仕上がりにかなりの手応えを感じている様子。

一方、楽曲制作にあたった椿屋四重奏のヴォーカル・中田裕二も、「昼ドラと椿屋。これは絶対に最高の相性だと、昔から勝手に思い込み続けて早10年。そりゃあ気合い入れて書きました。まず台本を読ませて頂いて、自分の頭の中で映像を流してはイメージを膨らませておりました。歌詞もあこがれの松井五郎氏との共作。このドラマが繰り広げる華麗な『美醜』にきっとマッチングしてくれると信じてます」と、自身初となるドラマとのコラボレーションに期待を寄せている。

新曲「いばらのみち」のCDリリースは5月26日(水)予定だが、ドラマの第1回目が放送される4月5日(月)からは着うた(R)の先行配信がスタートする。
さらに今年はバンド結成10周年というメモリアル・イヤーを迎える彼ら。独自のイベントも計画中とのことだが、まずはこのドラマ主題歌でその火蓋が切られることになる。


■ドラマ情報
フジテレビ系昼帯ドラマ「娼婦と淑女」
放送:月-金 13:30〜
出演:安達祐実/鳥羽 潤/石川伸一郎/木下あゆ美
越智静香/野村宏伸/赤座美代子 ほか

  • minp!音楽ニュース(2010年03月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's