エンタメ情報まとめ minp!

“イヴの時間なう”のオフィシャルレポートが到着!

人間と人間そっくりのアンドロイド達がいる世界をSFの域を超えて描く、感動と笑いのエッセンスたっぷりなアニメーション映画『イヴの時間 劇場版』。その試写会をオフライン(ニッポン放送主催試写会イベント ネクスト・リアル1 『イヴの時間〜上映&トーク〜』)とオンライン(GyaO!オンライン試写会)で同時開催し、さらにその2つをツイッターでつなげ、みんなでつぶやきあうイベントとして注目を集めた“イヴの時間なう”のオフィシャルレポートが到着しました!

--------------------------------------------------------

「ネクスト・リアル1『イヴの時間〜上映&トーク〜』」&「イヴの時間なう」イベント・レポート

2月19日、「ネクスト・リアル1『イヴの時間〜上映&トーク〜』」がニッポン放送のイマジンスタジオで行われた。また同時期にGyaO!でのオンライン試写会にあわせ、視聴者がツイッター上でつぶやきあう『イヴの時間なう』も開催された。

「ネクスト・リアル1 『イヴの時間〜上映&トーク〜」』会場では、ニッポン放送のアナウンサーの吉田尚記さんが司会となりイベントが進行。まずは吉田アナが登場し、イベントの主旨が説明された。今回は一般の方が上映施設のある形で初めて作品を観ていただける機会であること、また吉田アナ自身が『イヴの時間』が好きすぎて、ニッポン放送に所属するアナウンサーにもかかわらず企画書を書き、協力者を募り、この企画を会社に通したことが打ち明けられた。そして、ここ数年の中で最大の衝撃が『イヴの時間』で、普段から面白いものを探していくことがテーマである“アナウンサー”の吉田アナが、いま面白いと思ったのが『イヴの時間』であり、これが見終わった後に世界の見え方が変わるような作品であるとも語った。

会場は上映中のマナーとして携帯の使用を禁止したが、トーク中はツイッター上へのつぶやきが認められているため携帯の使用はOK。ツイッター上ではイベントや作品の感想、上映後に登壇する吉浦監督への質問が募集された。会場へ来ることができなかった人たち向けにはUstream(ユーストリーム)を使った動画共有サービスも行われ、「Yahoo!映像トピックス」のトップページからもそのページへ飛ぶことができ、リアルタイムで会場のトークを楽しむことができた。

ところが、上映中にアクシデントが発生!

中盤を過ぎた辺りで映像が止まり、吉田アナの機転により場つなぎのトークが行われるものの、再開出来ずに10分程度休憩に。そのときのツイッター上には「止まった」といった上映中断のことや、吉田アナのフォローのうまさを褒めるつぶやきも見られ、イベントならではの一幕もあった。

上映終了後、吉浦監督が登場し、吉田アナとのトークがスタート。主題歌をいただいた後にEDクレジットの絵が追加されたエピソードや、なぜ吉浦監督がロボットの話を書こうと思ったのかといった質問やファンからツイッター上に書き込まれた「続編はあるのでしょうか?」といった質問が次々と投げかけられた。

途中、主題歌「I have a dream」を歌うKalafinaや『イヴの時間』のファン代表としてAR三兄弟の長男が登場。Kalafinaからは主題歌の誕生秘話や映画を見た感想などが、AR三兄弟の長男はAR(拡張現実)を使ったニューアイテムの発表が行われた。AR三兄弟によるニューアイテムはTシャツやカードを使い疑似アンドロイドになれるもので、壇上でどんなことが行われるのか事前に知らされていなかった吉浦監督が驚きのあまり声を上げるほどの出来だった。

上映中のアクシデントがあったこともあるが、吉田アナからの要望もあり、イベントは終演予定時間を大幅に超えるほどで。それでも物足りなりファンからは、再びこのようなイベントを望むような声がイベント終了後のツイッター上で見受けられた。

また、2月28日(日)まで続けられていたGyaO!オンライン試写も大盛況で、抽選にあたらない悲鳴がTwitter上を賑わしていたようだ。

----

『イヴの時間』

・3月6日(土)
池袋テアトルダイヤ
テアトル新宿(1週間限定モーニング&レイトショー)

・春休み
テアトル梅田


(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

  • minp!音楽ニュース(2010年03月02日)
  • 制作協力:okmusic UP's