エンタメ情報まとめ minp!

「iTunes Japan Sound of 2010」に選出された熊本出身のシンガーソングライター舞花が原宿でフリーライブを開催

年頭にiTunesが選ぶ注目の新人アーティスト「iTunes Japan Sound of 2010」に選ばれ、4月にメジャーデビューすることが決定している熊本出身のシンガーソングライター、舞花が2月11日、KDDIデザイニングスタジオでフリーライブを行った。

インディーズでリリースしたタワーレコード限定シングル「Never Never Never give up」を100円で販売し地元・熊本店で記録的なセールスを記録したことを皮切りに、その後iTunes J-POPチャート10位・myspace総合ランキング4位などネット系の音楽チャートを現在上昇中の舞花、この日のライヴでは「Never Never Never give up」やキャロル・キングの「ユーヴ・ガッタ・フレンド」、スリー・ドッグ・ナイトの「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」と言った洋楽カヴァーなどを披露。

「こんなに自分の中にある気持ちや想いが、曲に乗って伝わっていくことが実感できたのは初めてで、とても気持ちよく演奏することができました!」とコメントした彼女。最後に4月14日発売のメジャーデビュー曲「never cry」を演奏した。本能的な歌唱力と称される19歳のシンガーソングライター、舞花。現在レーベルサイトでは4月発売の「never cry」の試聴がスタートしている。

【リリース情報】
2010.04.14 RELEASE !
舞花 デビューシングル『never cry』
UPCH-5644/¥1,000 (税込)

  • minp!音楽ニュース(2010年02月15日)
  • 制作協力:okmusic UP's