エンタメ情報まとめ minp!

サザンオールスターズ、年越しライヴが大盛況のうちに終了

12月27日(土)、28日(日)、30日(火)、31日(水)の4日にわたり横浜アリーナにて開催され、各日15,000人を動員したサザンオールスターズの年越しライヴ『サザンオールスターズ 年越しライブ2014 ひつじだよ!全員集合!』が大盛況のうちに終了した。

サザンオールスターズは一昨年に待望の第復活を遂げ、2014年は「進撃のサザン」と銘打ち、シングル「東京VICTORY」を9月に発売。オリコンチャート堂々1位の大ヒットを記録し、まさに快進撃を続けていた。そんなサザンが、恒例の年越しライヴを9年ぶりに開催した。

演奏曲は、アンコールも含めると34曲にも及んだ。最新シングルから「東京VICTORY」、「天国オン・ザ・ビーチ」、昨年のサザン復活の狼煙を上げた「ピースとハイライト」などサザンの今を感じることができる楽曲はもちろんのこと、「気分しだいで責めないで」「匂艶THE NIGHT CLUB」といった70年代80年代に発表された楽曲も数多く披露するなど、まさに新旧織り交ぜた名曲・ヒット曲のオンパレードとなった。

そして昨年末、ありとあらゆる場面で「サザン紅白出場か!?」という話題に事欠かなかったが、なんと正式な事前告知はないまま、番組生放送で突然横浜アリーナからの中継が入った。まさに、究極のサプライズ出演が実現した形となった。これには、会場の15,000人はもちろんのことテレビの前の数千万人が驚きと喜びを味わったに違いない。

演奏した曲は「ピースとハイライト」そして「東京VICTORY」。これまでも社会のリアルな動きに敏感に反応してきているサザンだが、昨年のから今年にかけてのこの2曲は、今までにも増してそういった要素が強まった曲。「ピースとハイライト」では、世界情勢をリアルに切り取った映像が、「東京VICTORY」の“時が止まったままのあの日のMY HOMETOWN"というくだりでは、津波や豪雨の被害にあった岩手、広島、また基地問題にゆれる沖縄といった昨今さまざまな問題を抱えている場所の映像が映し出され、極上のエンタメの中に、社会問題に対する鋭い視点が織り交ぜられた。そんなサザンオールスターズにしかできない唯一無二の世界観は、大いに全国の人々の共感を呼び、日本中が一体となったに違いない。文字通り「年越しライブ」の名にふさわしい、2014年の世の中を総括するかのようなパフォーマンスだったといえるだろう。

そしていよいよカウントダウン。9年ぶりとはいえ、横浜アリーナでのサザンオールスターズの年越しは今回で11回目。これまでは23:30に開演し、公演序盤で年越しのタイミングを迎えていたが、今年は開演時間が早まり21:30スタートだったため、年越しのタイミングは本編終了時となった。本編の最後の曲はなんと「勝手にシンドバッド」。曲が終わると同時に年越し30秒前の表示が前方のスクリーンに映し出されカウントダウン開始。会場のボルテージがまさに最高潮に達し、歓喜の年明けを迎えたのだった。

さらにアンコール中には、桑田佳祐からなんとニューアルバムの発売と全国ツアー開催の発表が行われた。2015年の幕開けと同時のサプライズに、会場はさらに大盛り上がり。15000人のファンは狂喜乱舞した。

【セットリスト】

01. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
02. フリフリ '65
03. 希望の轍
04. 気分しだいで責めないで
05. 匂艶 THE NIGHT CLUB
06. メロディ (Melody)
07. 逢いたくなった時に君はここにいない
08. あっという間の夢のTONIGHT
09. JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)
10. 死体置場でロマンスを
11. Computer Children
12. 鎌倉物語
13. BLUE HEAVEN
14. LONELY WOMAN
15. SAUDADE ~真冬の蜃気楼~
16. ごめんよ僕が馬鹿だった
17. ラブユー褒章 ※「ラブユー東京」替え歌
18. 涙のアベニュー
19. 思い出のスター・ダスト
20. シャ・ラ・ラ
21. LOVE AFFAIR ~秘密のデート~
22. ピースとハイライト
23. 東京VICTORY
24. 爆笑アイランド
25. 愛と欲望の日々
26. イエローマン ~星の王子様~
27. 怪物君の空
28. BOHBO No.5
29. ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)
30. 勝手にシンドバッド
~ENCORE~
1. 天国オン・ザ・ビーチ
2. ロックンロール・スーパーマン ~Rock'n Roll Superman~
3. 栄光の男
4. Oh! クラウディア

  • minp!音楽ニュース(2015年01月01日)
  • 制作協力:okmusic UP's