エンタメ情報まとめ minp!

GACKT、東京フィルハーモニー交響楽団とスペシャルコラボライブを開催

12月26日、東京オペラシティでGACKTと東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャルコラボレーションライブ「華麗なるクラシックの夕べ」が上演された。

同公演は2部に分けて構成され、第一部は栗田博文氏による指揮のもと、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏が行われた。今年、3ヶ月に渡り上演された義経秘伝のテーマを皮切りに始まった第一部では、GACKTのデビュー曲「Miserable」や新曲「暁月夜-DAY BREAKERS-」が披露されるなど、今年、デビュー15周年を迎えたGACKTにとって今年最後の公演として相応しいラインナップが繰り広げられた。

第二部では、GACKTファンに人気のある楽曲を中心に構成され、同日入籍が明らかとなった米倉涼子氏との共演が話題となったCMで起用された「LOVE LETTER」など5曲が披露された。

昨年、25,000円という高額チケットにもかかわらず、発売とほぼ同時にソールドアウトとなった、当イベント。昨年の大反響により、今年も開催が実現したことを受け、「こうやってこの日に出会えたこと、そしてまた来年、また一緒にやれたらいいなという想いを込めて歌います」という言葉とともに、「12月のLOVE SONG」が披露され、拍手喝采の中、幕を閉じた。

1月8日に舞台「MOON SAGA番外編「義経 熱血学園物語」~第二章~」を中野サンプラザホールにて開催することが決定しているほか、GACKTの活動の中でも最大のイベントと呼ばれる「LAST VISUALIVE」が夏より行われるなど、 2015年も積極的な活動が見られそうだ。

【セットリスト】
《第一部》
1. 義経秘伝メドレー
2. Mizerable
3. P.S. I LOVE U
4. 暁月夜 -DAY BREAKERS-
5. GHOST
《第二部》
6. KAGERO
※イントロ中にGACKT IN
7. LAST SONG
8. CLAYMORE
9. LOVE LETTER
10. サクラ、散ル…
En.
12月のLOVE SONG

  • minp!音楽ニュース(2014年12月27日)
  • 制作協力:okmusic UP's