エンタメ情報まとめ minp!

山下達郎の新曲が、岡村隆史×松雪泰子主演映画『てぃだかんかん』の主題歌に

今年デビュー35周年を迎える山下達郎の新曲「希望という名の光」が、ナインティナインの岡村隆史×松雪泰子主演で4月公開の映画『てぃだかんかん -海とサンゴと小さな奇跡-』主題歌に決定した。

李監督から主題歌書き下ろしのオファーを受け、脚本を読んだ山下達郎は、「実話に基づく映画ですので、いつも以上に物語に寄り添うメロディーをと心がけました。また、主人公の無垢な魂を無条件に励まし続ける妻という、気高い夫婦愛への賛歌として、そこに荘厳さや重厚さも加えられたらと願いつつ作りました。」とその思いを語った。

実際に映画本編では、監督自身が「山下達郎しかない!」と思うに至った美しい沖縄・読谷村の楚辺海岸を背景に、家族の絆を確かめ合うという重要なシーンで楽曲が使用されている。

新曲「希望という名の光」は、前作「ずっと一緒さ」「僕らの夏の夢」に続くバラード三部作の完結編で4月14日にマキシシングルとしてリリース。カップリング曲などの詳細については後日明らかになる予定だ。


■MAXI SINGLE「希望という名の光」
2010年4月14日発売
WPCL-10776 1,000円(税込)
収録曲:
1.希望という名の光
2.(タイトル未定)

  • minp!音楽ニュース(2010年01月29日)
  • 制作協力:okmusic UP's