エンタメ情報まとめ minp!

マイケルが最後に認めた女性ギタリスト、オリアンティ「THIS IS IT」リリースイベントに出演

1月27日にブルーレイ&DVDがリリースされた『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の発売を記念して、東京・お台場ビーナスフォートにて、映画の中でマイケルと共演し一躍有名になった女性ギタリスト、オリアンティがゲスト出演した。

このイベントは発売記念に制作された「マイケル・ジャクソン等身大フィギュア除幕式」として行われたもので、映画公開後「マイケルと共演した最後のギタリスト」として話題を呼んだオリアンティ目当てのファンが集結、マイケルの「Black or White」に乗せてギターを披露したものの、「フィギュアとの2ショット写真撮影」は、未だにマイケルの死を思い出してしまうとの理由でキャンセルとなった。

イベントでオリアンティは「マイケルから学んだことは、全力で過ごすこと、楽しむこと。一緒にツアーリハを回った三ヶ月で絶対にステップアップしたわ」と語ったオリアンティ。また、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の中の有名なシーン「ここのソロ・パートはキミが主役になる瞬間だ、もっと高く!もっと!」とギターの高音をマイケルに要求されるシーンについて、「ここはとてもよく覚えている。マイケルの声は高いので、より高く弾くためにとやや苦戦したの」とコメントした。

また1月27日に日本デビューアルバム「ビリーヴ」をリリースしたオリアンティ。マイケルとの共演以前からプリンス、サンタナ、スティーヴ・ヴァイといったアーティストたちとのライヴやゲスト参加での共演でそに実力が認められている彼女のシンガー・ソングライターとしての魅力が開花した作品として国内外で注目を浴びている。

【リリース情報】
2010/1/27 on sale
オリアンティ 『ビリーヴ』BELIEVE
[初回生産限定盤] UICF-9066 \1,980 (税込)
[通常盤] UICF-1122 \2,200 (税込)

【収録曲】
01)アコーディング・トゥ・ユー / According to You・・・ファースト・シングル
02)サフォケイテッド / Suffocated
03)バッド・ニュース / Bad News
04)ビリーヴ / Believe
05)フィールズ・ライク・ホーム / Feels Like Home
06)シンク・ライク・ア・マン / Think Like a Man
07)ホワッツ・イット・ゴナ・ビー / What's It Gonna Be
08)アントゥゲザー / Untogether
09)ドライヴ・アウェイ / Drive Away
10)ハイリー・ストラング / Highly Strung
11)ゴッド・オンリー・ノウズ / God Only Knows・・・マイケルに捧げたバラード
12)ドント・テル・ミー・ザット・イッツ・オーヴァー / Don't Tell Me ThatIt's Over ※ボーナス・トラック
13)ファインド・イット / Find It ※ボーナス・トラック

  • minp!音楽ニュース(2010年01月28日)
  • 制作協力:okmusic UP's