エンタメ情報まとめ minp!

アメリカで活躍中の日本人ロックバンドTHE RICECOOKERSが日本デビュー

The Ricecookersは、バークリー音楽院に通っていた廣石友海(Vocal)と藤井恒太(Guitar)に若林大祐(Bass)、大山草平(Drums)が加わった4人編成で、結成直後から地元ボストンのクラブやニューヨークへのライヴ遠征を繰り返し、実力を蓄えてきた。その緻密な音作りとヘヴィ&ラウドなライヴパフォーマンスを武器に、多数のバンドが出場する世界規模のバンドコンテスト「Emergenza Music Festival」の決勝まで進出し、日本バンド初のファイナリストとして注目を集めた。

これまで海外をベースに活動してきた彼らだが、日本デビュー作『Four of Our Songs』に収録されている「地球が笑う日」と「I」は、日本詞で綴られたキャチーなロックナンバーに仕上がっている。対照的に「Second Best」と「Alone」は、全編英詩という彼らならではの環境から生み出された、本場アメリカの空気感が漂う骨太なロックチューンを展開している。

このリリースに合わせ1月25日(月)から都内各地で来日公演が開催されるので、今後日本での活躍が楽しみな彼らのサウンドを是非ライヴで体感しよう。


■リリース情報
2010年1月29日発売 1st MIXI SINGLE『Four of Our Songs』
BMP-1004 / STEREO ¥1,200円(税込)
(収録曲)
1. 地球が笑う日
2. Second Best
3. I
4. Alone


■2010年 来日公演スケジュール
1/25(mon)@ 西麻布 Sweet Emotion 18:00 OPEN / 18:30 START
1/26(tue)@ 渋谷 O-Nest 18:00 OPEN / 18:30 START
2/01(mon)@ 渋谷 La.mama 18:30 OPEN / 19:00 START
2/02(tue)@ 渋谷 La.mama 18:30 OPEN / 19:00 START
2/03(wed)@ 渋谷 O-Nest 18:00 OPEN / 18:30 START
2/04(thu)@ 渋谷 La.mama 18:00 OPEN / 18:30 START

  • minp!音楽ニュース(2010年01月22日)
  • 制作協力:okmusic UP's