エンタメ情報まとめ minp!

きゃりーぱみゅぱみゅ、2015年1月スタート『問題のあるレストラン』で初のドラマ主題歌を担当

2015年1月15日からフジテレビ系でスタートする木曜劇場『問題のあるレストラン』の主題歌を、きゃりーぱみゅぱみゅが担当することが発表された。


きゃりーぱみゅぱみゅがドラマの主題歌を担当するのは今回が初。気になる楽曲のタイトルは「もんだいガール」。サウンドプロデューサーの中田ヤスタカがドラマのために書き下ろした楽曲で、ドラマの世界同様、頑張る世の女性たちの背中を明るく押すようなポップでキュートな楽曲だという。ひとりひとりが持つユニークな個性や、常識に捕らわれない勇気などを応援するきゃりーぱみゅぱみゅらしい内容と、理不尽な男社会で奮闘する女性たちを描いたこのドラマのテーマとの、ユーモア満載なコラボレーションが実現した問題作となっているそうだ。

新ドラマ木曜劇場『問題のあるレストラン』は、坂元裕二脚本、真木よう子主演で、現代社会に生きる人々のハートを、明るく楽しく暖かくする。

きゃりーぱみゅぱみゅコメント

初めてのドラマ主題歌を担当することができ、すごくうれしいです。
自分の素直な気持ちがふんだんにつまった、私らしいおもしろい曲に仕上がったかと思います。
2015年第1発目の新曲として、とてもパンチのある作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください!

プロデュース・清水一幸(フジテレビ・ドラマ制作センター)

私自身、次にドラマを作るときには、主題歌をきゃりーぱみゅぱみゅさんにお願いしたいと常々考えておりました。これだけの認知とイメージを確立している方なのに未だにドラマの主題歌を担当されたことがない…、初めてのドラマの主題歌は私が何としてもお願いしたいと思っていました。このドラマのテーマはとにかく“女性を応援する!女の子、頑張れ!"。日本の“カワイイ"文化の世界的アイコンと目される人物、きゃりーぱみゅぱみゅさんが主題歌を歌ってくれるということが、さらに女性からの支持が増えることになれば良いな、と考えました。
そして、ドラマの舞台が原宿・表参道ということも、きゃりーぱみゅぱみゅさんにお願いしたい、というさらなる要因となりました。今回オファーに応えて頂いたことは本当にうれしく、さらに身の引き締まる思いになりました。頂いた曲は本当にドラマの世界観にピッタリですし、私が考える子供から大人まで楽しめる曲、そして誰もが口ずさめる曲だと思います。
ドラマも子供から大人まで楽しめる作品に・・・主題歌に負けないよう、頑張ります!

木曜劇場 『問題のあるレストラン』

2015年1月15日スタート
毎週(木)午後10時~10時54分(初回は15分拡大)

【キャスト】
真木よう子
東出昌大
二階堂ふみ
高畑充希
菅田将暉
松岡茉優
臼田あさ美

YOU
安田顕

田山涼成
吹越満
杉本哲太

【スタッフ】
脚本:坂元裕二 (「最高の離婚」「それでも、生きてゆく」など)
プロデュース :清水一幸 (「最高の離婚」「昼顔~平日午後3時の恋人たち」など)
演出:並木道子 (「最高の離婚」「若者たち2014」など)
加藤裕将 (「最高の離婚」「続・最後から二番目の恋」など)
主題歌 :「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作:フジテレビ ドラマ制作センター

  • minp!音楽ニュース(2014年12月18日)
  • 制作協力:okmusic UP's